ありきたりの定期預金で満足できなければ「しばしん」がオススメ!

東京港区を拠点とする芝信用金庫は、「しばしん」の愛称で親しまれています。

このしばしんの定期預金は、ネット専用申込で高金利の定期預金もありますが、宝くじ付のものや抽選で懸賞金が当たる定期預金もあります。

普通の定期預金じゃ物足りないという人にピッタリでしょう。

スクリーンショット 2016-08-03 20.34.46

高金利のネット専用定期預金

しばしんには、ネット定期の「きらり」という商品があります。

1年物定期で0.21%という高金利です。

スーパー定期の0.01%の金利に0.2%を上乗せしたものですが、申し込みはWEBで申込書をもらい、申込書は郵送で送るというものです。

すべてネットでできればいいじゃないかと思うのですが、申込書をすべてネットで作成することを要求すると、パソコンなどの入力が苦手な人が困ってしまうのです。

最低預入金額は50万円とちょっと高めではありますが、申込とともにしばしんの普通預金口座を開設することになり、そこから「きらり」へ入金することになります。

預金口座を一つ作ることになりますが、全国の信用金庫で平日や土曜日の昼間なら手数料ゼロで入出金ができる「信金ゼロネットサービス」があるので、不便はないでしょう。

ちょっと夢を見てみませんか?

ネット定期には、宝くじをもらえる「ジャンボ宝くじ付き」の定期預金もあります。

利率は先ほどの「きらり」より上乗せ利率が低いので不利ですが、1千万預けると、最初の年は1回だけ10枚の宝くじが、2年目以降は「ジャンボ」の都度10枚ずつの宝くじがプレゼントされます。

「ジャンボ」は年間5回あるので、最高50万の宝くじをもらえるわけです。

ちなみに最低預入金額は100万円であり、1千万以外の場合は、10枚ではなく5枚になります。

また、2年目以降にもらえる回数は、預入金額に応じて変動します。

ちょっと夢を見てみたいなという人にはぴったりの定期預金でしょう。

もちろん「上乗せ金利」がありますので、普通の定期預金より金利面も有利です。

スクリーンショット 2016-08-03 20.35.28

変わった定期預金

しはしんの定期預金にはもっとユニークなものがあります。

懸賞金付き定期預金です。

定期預金の金利自体は、スーパー定期同様なので変わり映えしませんが、預入10万円あたり1本の抽選権をもらえます。

1等は10万円と中途半端な上、源泉徴収されるため「手取り」は8万弱に留まります。

しかし、宝くじより当選確率は高いでしょうし、他にもランチクルーズやギフトカタログなどが当たります。

年間2回の発売ですが、大人気間違いないでしょう。

最新の抽選結果が発表されていますが、なんと「第44回」つまり22年続いているのです。

金利よりこっちのほうがいい

定期預金の金利など低いからアテにしていないという人にピッタリな定期積み金があります。

定期積金の期間に応じて、毎年プレゼントがあるのです。

利率は通常の金利の半分ですが、定期未金の金利は店頭表示ベースで0.02%です。

0.02%が0.01%になっても、金利の絶対額に大きな差は感じないでしょう。

それより、年1回地域の特産品をもらった方が、よほどありがたいと考える人が多いのではないでしょうか。

2年コースは毎月3万円以上、3年は2万、5年は1万5千円以上という最低預入金額が決まっているので、毎月コツコツと貯蓄をする習慣をつけたい人にはぴったりです。

家計を任されている主婦の方に、ぜひ検討していただきたい定期積金です。

こちらもWEBでは「第41回」とあります。

発売期間が4月から9月と出ているため、年2回の募集でしょう。22年近く続いているベストセラーです。

まとめ

金利が低く、ありがたみのない定期預金に魅力などないと思っている人も多いでしょう。

しかし、しばしんの定期預金は、冒頭にあげた「きらり」のように高金利のものもありますし、他に挙げた3つの定期預金のように、他の金融機関では考え付かないようなベストセラー商品も揃っています。

「定期預金なんて」と思っているひとにぜひ検討いただきたい、しばしんの定期預金です。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP