ただのプリペイドカードではないタリーズカードのメリットまとめ!

タリーズカードは一見単なるプリペイドカードにしか見えません。

しかし、残高を使い切ったらクレジットカードからのチャージが可能です。

タリーズの店舗ではクレジットカードは使えないのですが、チャージができればクレジットカード支払ができるのと同じことです。

タリーズカードにチャージをするためには、CLUB TULLY’Sへの会員登録が必要です。

ただし会員登録は無料なので、タリーズカードをゲットしたらすぐに会員登録をお勧めします。

また、タリーズカードの支払でドリンク類が1杯10円引きです。

ちょっとした金額ですが、ヘビーユーザーにとっては大きな金額になるはずです。

スクリーンショット 2015-12-29 0.28.19

チリも積もれば…

タリーズで毎朝のひと時を過ごしている人にとって、タリーズカードは大きなメリットがあります。

1杯10円の値引は、1か月200円から300円程度になりますからコーヒー一杯分になるでしょう。

10円というと、非常に少ない金額に思えますが、チリも積もればなんとやらという諺がある通り、毎日タリーズを利用している人にとっては大きな値引きとなって戻ってきます。

ちなみに310円のコーヒーであれば還元率は3.2%です。

他のカフェ系プリペイドカードと比べてもそん色がない還元率だと言えるのではないでしょうか。

クレジットカードからのチャージでポイントが貯まる

タリーズカードの利点は、ただのプリペイドカードではないという点です。

プリペイドカードであれば使い捨てですが、タリーズカードはCLUB TULLY’Sへの会員登録をして、チャージをすれば何度でも使えます。

クレジットカードからのチャージも可能ですから、高還元率カードからのチャージであれば、1杯10円以上の還元率が見込めます。

クレジットカードからのチャージが可能なことは、単にお得というだけではなく便利でもあります。

店頭での現金チャージも可能ですが、スマホなどでチャージできればレジでわざわざ現金を出して時間をかける必要はありません。

三井住友カードならポイント移行が可能

三井住友カードを利用している人も多いと思いますが、三井住友カードのポイントはタリーズカードへのチャージに充当できます。

もちろん三井住友カードを使ってタリーズカードへのチャージが可能ですから、タリーズ利用者にとっては非常に便利、かつお得なカードだと言えるでしょう。

クレジットカードのポイントは、商品券などに交換するとポイント数が多くないと割が悪かったりするものですが、ポイント移行であれば比較的少ないポイントでも移行可能です。

定期的にポイント移行をすることで、うっかりしてポイントが無効になってしまったということを防ぐことも可能です。

オートチャージで安心

プリペイドカードの隠れた問題点として、残高不足があります。

タリーズの店頭は混み合っていますから、支払の時に残高不足になると随分と慌てることになります。

駅の改札でたまにチャージ不足の人が止められて、周囲の冷たい視線にさらされている光景を見ることがあります。

それと同じことになるのです。

しかし、タリーズカードはクレジットカードを指定することでオートチャージが可能です。オートチャージをセットしておけば、チャージを意識することなくタリーズが使えます。

タリーズはクレジットカードが使えないから不便だと言われることがあります。

それは、いちいち財布を出して現金払いをしなければいけないという理由でしょう。

しかし、プリペイドカードであるタリーズカードの残高を気にせず使うことができれば、クレジットカード同様の便利さが手に入ることになります。

a6873fb173ac6c5df28de7b575b0ffd3_s

まとめ

タリーズカードは、タリーズ利用者にとって事実上必需品だと言えるでしょう。

ヘビーユーザーであれば、いちいち現金で店頭での支払をする必要はないので便利さを実感するはずです。

便利さだけではなく、値引きやクレジットカードとの連携もあるので、実用性も高いですから、ヘビーユーザーだけではなく、一般ユーザーにもぜひおすすめしたいタリーズカードです。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP