みずほ銀行のiDeco(個人型確定拠出年金)の特徴と手数料まとめ

個人型確定拠出年金が盛り上がりを見せています。

メガバンクの一角を担うみずほ銀行も個人型確定拠出年金の取り扱いを始めています。

しかし。

個人型確定拠出年金の口座開設は注意が必要です。

なぜなら金融機関によって手数料の額を自由設定できるからです。

高額な手数料を取られてしまうとせっかく運用した利益が吹き飛んでしまいます。

今回はみずほ銀行の個人型確定拠出年金の特徴と手数料についてまとめます。


みずほ銀行の個人型確定拠出年金の特徴

みずほ銀行が提供する個人型確定拠出年金の特徴についてまとめます。

2016年9月よりスタートした個人型確定拠出年金の名称は「みずほ個人型プラン」です。

各金融機関が提供する個人型確定拠出年金を比較するときは取り扱い商品を比較することが重要です。

取り扱い商品とはあなたが毎月積み立てる資金を運用する商品です。

この商品ラインアップが多岐にわたっているほど選択肢が広まり多様な運用が可能になります。

商品には大きく分けて2つの種類があります。

  • 元本確保型商品
  • 投資信託

それぞれの取り扱い商品を見ていきます。

元本確保型商品

元本確保型商品とは投資した商品の値動きによって元本を毀損することがない商品です。

簡単に言うと定期預金です。

みずほ銀行の元本確保型商品は1種類だけです。

  • みずほDC定期預金(1年)

1年物の定期預金だけになります。

この商品で運用すると元本は毀損されないことになっていますが、手数料を取られるため純減になります。

注意しましょう。

投資信託

みずほ銀行のみずほ個人型プランで契約できる投資信託は10種類あります。

  1. 投資のソムリエ<DC年金>リスク抑制型
  2. 投資のソムリエ<DC年金>
  3. たわらノーロード 国内債券
  4. DIAM DC 国内株式インデックスファンド
  5. たわらノーロード 先進国債券
  6. たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>
  7. たわらノーロード 先進国株式
  8. たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>
  9. たわらノーロード 国内リート
  10. たわらノーロード先進国リート

メガバンクが提供する個人型確定拠出年金の中では1番商品のラインナップが少ないです。

残念ながらこれでば他の銀行や証券会社との競争で勝てるとは言えませんね。。。


みずほ銀行の個人型確定拠出年金の手数料

みずほ銀行が提供する個人型確定拠出年金「みずほ個人型プラン」の手数料をまとめます。

手数料は加入当初に支払うものと毎月支払うものがあります。

注目しなければならないのは毎月支払う手数料です。

個人型確定拠出年金は60歳になるまで長期間運用します。

毎月の積み重ねが大きく運用結果を左右します。

毎月支払う手数料は3種類あります。

  1. 国民年金基金連合会に支払う手数料(103円)
  2. 事務委託先金融機関手数料(64円)
  3. 運営管理機関手数料

1と2の手数料はどの金融機関でも同額となっています。

問題は3番の運営管理機関手数料となります。

みずほ銀行の手数料は月額293円です。

業界大手の三菱東京UFJ銀行が月額378円と考えると低額と言えます。

みずほ銀行はキャンペーン中で割引があります。

  1. 掛け金の引き落とし口座をみずほ銀行に指定すると毎月27円割引
  2. 運用サポートツールを使用すると毎月10円割引

この割引を適用すると実質月額手数料は256円になります。

しかし。

業界にはみずほ銀行よりも安い手数料を提供する金融機関がありますので注意が必要です。


まとめ

今回はみずほ銀行の個人型確定拠出年金「みずほ個人型プラン」の特徴と手数料をまとめました。

先ほども紹介しましたが個人型確定拠出年金は毎月の手数料額が重要です。

手数料が無料になる金融機関があります。

それがSBI証券です。

確定拠出年金はSBI年金一択といわたしは断言します。

理由は

  • 口座開設時の手数料が無料
  • 毎月の口座管理手数料が無料
  • 運用可能な商品が多い

ことです。

毎月のコストは20〜30年のスパンであなたの運用成績に影響を与えます。

毎月の運営コストが塵も積もれば山となるの言葉通り、大きな運命の分かれ道となります。

あなたの人生の老後の大切な資金運用を間違った方法で行わないことを祈念しております。

⇨ SBI証券 確定拠出年金積立プランの公式サイトはこちら

 

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP