アパホテルの会員カード「アパカード」は出張の必須アイテム!メリットまとめ!

アパホテルの会員制度であるアパカード会員は、単にアパホテルだけではなくアパホテルのパートナーホテルや直営レストランなどでもポイントが貯まります。

そのため、ポイントゲットのチャンスが多いのです。

また、1ポイント1円でキャッシュバックを受けることができるため、ポイントの無駄がありません。

スクリーンショット 2016-02-23 13.30.42

出張族に絶対お勧め

アパホテルはビジネスマンに評価の高いホテルチェーンです。

全国ネットのチェーン網を持っていますから、日本全国の出張に対応できます。

そして、アパホテルを利用することでポイントが貯まるアパカード会員になると、更にキャッシュバックまで狙える利点があります。

アパカード会員になると、アパホテルの利用の都度10%相当のキャッシュバックを受けることができます。

出張の際にちょっとしたお小遣い稼ぎができるのは嬉しいですね。

出張が多い人に絶対お勧めしたいのがアパカード会員です。

スクリーンショット 2016-02-23 13.31.56

対象が広い

アパカード会員になるとポイントがドンドン貯まります。

その秘密はポイントが貯まる場所が多いことにあります。

アパホテルだけではなく、パートナーホテルもポイントゲットの対象なのです。

両者を合わせた数は300ホテルと規模が大きいのです。

また、宿泊だけではなくアパホテル直営レストランなどでもポイントが貯まりますし、アパグループのリゾート施設を使ってもポイントが貯まります。

アパホテルやレストランでは10%、パートナーホテルでも5%から10%のポイントが貯まるので非常に効率がいいのです。

アパグループを挙げての大盤振る舞いのポイント提供なので、貯まるペースが違います。

ヘビーユーザーの利点

アパホテルのヘビーユーザーに対しては、さらなる優待があります。

アパカード会員の中で、1年間に1万ポイントゲットするとダイヤモンド会員に昇格します。

ポイント獲得率が11%に上がるため、ポイントゲットもキャッシュバックも有利になります。

1万ポイントというとかなり遠い目標のように見えますが、10万円利用すれば1万ポイント達成です。

1週間程度の出張を年間3回ほど繰り返せばすぐに達成できるのではないでしょうか。

また、ダイヤモンド会員の有効期限は1年間ですが、一度昇格すれば1年間のうちに1度でもアパカードでポイントゲットすれば、その翌日から更に1年間ダイヤモンド会員が継続します。

利用が続けば永遠にダイヤモンド会員であり続けることができるのです。

スクリーンショット 2016-02-23 13.33.39

クレジットカードと併用でさらに便利

百貨店のマルイが発行しているエポスカードはポイント還元率が高いと評判が高いです。

そのエポスカードがアパホテルグループと提携したアパエポスVisaカードを発行しています。

アパエポスVisaカードは、単なる提携カードではなくアパホテルで利用することでポイントが5倍になります。

エポスカードの還元率は0.5%なので、還元率が2.5%になるわけです。

更にチェックアウトが1時間延長になりますから、最終日もゆったりと支度ができます。

直営レストランのディナータイムには1割引きの特典もありお得さ満載です。

まとめ

ビジネスホテルのポイント制度はいろいろありますが、対象ホテル数と範囲でポイントの貯まり方が決まります。

アパカード会員なら、全国に広がるアパグループやパートナーホテルで宿泊するチャンスがあります。

また、出張先では外食になりますが、ホテル内で食事ができれば時間の節約になり、ポイントも貯まります。

年間1万ポイントゲットでダイヤモンド会員になれば、ポイント獲得がさらに有利になります。

アパカード会員になってアパホテルグループを利用することでちょっとお得な出張生活を味わってみてはいかがでしょうか。

アパホテルの最安値を探すならトリバゴが最適です。

トリバゴを使って最安値でアパホテルを利用しましょう。

⇨ アパホテルのご予約なら楽天トラベル

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP