カタログギフトが楽しみなきらやか銀行のインターネット支店

山形市を地盤とするきらやか銀行は、東北地域の地銀として最大の店舗数を持っています。

個人向け営業も充実させており、便利なネット支店も持っています。

きらやか銀行のネット支店は「さくらんぼ支店」と呼ばれており、全国からアクセスできる支店です。

他行のネット支店と異なり、定期預金に特化している点が特徴ですが、金利が高いだけではない抜群のサービスが大人気です。

スクリーンショット 2016-08-11 15.19.18

金利が高いのは当然ですが…

ネット支店の定期預金は、多くの銀行が開設しており、金利引き上げ競争になっています。

しかし、昨今のマイナス金利で高金利を維持することが難しく、金利引き下げを決断した銀行も少なくありません。

そんな中、きらやか銀行のさくらんぼ支店では、金利0.15%とびっくりするような金利の定期預金を提供しています。

ネット支店自体は、全国から申込ができますし、ネット支店専用の普通預金から定期預金に振り替える仕組みになっています。

定期預金に預け入れる前なら、全国の郵便局やセブンイレブンで手数料無料の出金ができます。

単に定期預金の金利が高いだけではなく、利便性も確保しているきらやか銀行のさくらんぼ支店です。

事実上最高0.32%の高金利?

この支店では「きらやかライスミート」という名前の定期預金を提供しています。

金利は0.15%と高いのですが、それだけではなく和牛とおコメのカタログギフトが付いています。

カタログギフトは6000円相当なので、最低預入金額の350万円であれば、これだけで0.17%の金利ということになります。

0.15%の金利との合計で0.32%という超高金利です。

0.15%の金利に対しては税金が徴収されますが、カタログギフトに対して税金はかかりません。手取りベースでも0.29%程度の金利が望めます。

この金利水準は日本一と言えるのではないでしょうか。

最低限の機能がついた普通預金

さくらんぼ支店の普通預金は、基本的に定期預金預け入れのために設けられた普通預金です。

しかし、キャッシュカードが発行され、きらやか銀行だけではなく、郵便局やセブンイレブンで入出金が可能です。

余剰資金を一時的にこの普通預金に預け入れ、当分使わない部分を有利な定期預金に預けるという判断が可能です。

入出金の手数料は、時間外に出勤する場合のみ手数料が必要ですが、他の場合は手数料がいりません。

入金はATMを利用しなくても、振込でも可能です。

100万円以上の定期預金をその月に作れば、振込があるごとに216円をキャッシュバックしてくれます。

事実上振込手数料を無料にできるのです。

また、出金についても自分名義の口座を指定すれば、わざわざATMを利用しなくても振込可能ですが、指定できる口座は1つだけで、振込手数料も必要です。

下手な資産運用より絶対お勧め

さくらんぼ支店の定期預金が高金利とはいえ、絶対的な金利水準は高いとは言えません。

350万円預けても、利息としてもらえるのは1年で4千円程度なので大した金額ではないと言われるかもしれません。

しかし、他の方法で運用してもこれだけの運用益が出せるとは限りません。

ほとんどの方が経験のないまま運用をして損失を出しているのが現実です。

FX取引を始める方に至っては、半ばギャンブルのようなものであり、昨今の為替レート変動に対応できる個人投資家の方が多いとも思えません。

そのような観点からすると、定期預金というのは、非常にメリットがある資産運用方法だと言えるのではないでしょうか。

「きらやかライスミート」に限らず、他のネット支店で取り扱っている定期預金は、いずれも預入金利が0.1%を上回っています。

下手に資産運用をするよりずっとお勧めです。

まとめ

目玉商品の「きらやかライスミート」を申し込むためには、最低でも350万円の預入が必要です。

また、中途解約ができないという制約もあります。

しかし、他行のネット定期に比べても高金利であるとともに、お米と和牛のカタログギフトが付いているのは魅力的でしょう。

全国どこからでも申し込みができ、資金の入出金も手数料が事実上かかりません。

一考の余地があります。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP