カブドットコム証券が株式売買手数料を半額に!他者にコスト競争の挑戦状をたたきつけた!

来月の11月4日より、カブドットコム証券の株式売買手数料が大幅に安くなります!

50万円以下の売買手数料をこれまでのほぼ半額にすると発表したのです。

これまでカブドットコム証券の手数料は他者に比べて割高でした。

ここにきて、貯蓄から投資への流れを取り込むために手数料の大幅改訂に乗り出してきました。

011329bca08071222482e4ee28d0a7f4_s

50万円以下の取引で業界最安値に!

今回に改訂によって、手数料の業界地図に大きな変化が起きました。

まずはカブドットコム証券の手数料の改訂ですが、以下のようになりました。

スクリーンショット 2015-10-30 16.04.49

これまで、カブドットコム証券は約定金額に応じた手数料を採用してきました。

例えば、10万円の約定があった場合は180円となっていました。

ですので、単純に10万円の約定があったと考えると、手数料は半額となるのです。

更に、今回の改訂は50万円以下と広く設定されています。

50万円までとなると、多くの銘柄が含まれることになります。また、この価格帯まで全ての価格帯で大手5社中手数料最安値を獲得しました。

以下のカブドットコム証券が発表している表を御覧ください。

スクリーンショット 2015-10-30 16.09.39

全ての価格帯で最安値を獲得していることがわかります。

かなり攻めた、価格改訂を行っていることがよくわかります。

 

株主優待やNISA割など充実した割引制度を使えば更におやすく!

カブドットコム証券は充実した割引制度を実施しています。

・シニア割引

・NISA割引

・株主推進割引

・株主優待割引

・女子割

若手の社会人におすすめなのは、NISA割や株主優待割引です。

カブドットコム証券をメインで株式投資をするのであれば、まずはカブドットコム証券の株式を取得するのがおすすめです!

最低単元も4万円程度とお手軽なので、ぜひ利用しましょう!

 

カブドットコム証券の魅力度が大幅 UP!!

株式売買手数料が割高だったことがマイナスポイントだったカブドットコム証券が大幅な減額を決定したことによって魅力度が大幅にUPしました。

逆に、他のネット系大手証券会社が黙っているかわかりません。

価格競争がスタートする可能性もあります。

我々利用者にとってはいい話ですね!

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP