ファンにはたまらないプロン党Edy-楽天ポイントカードのメリットまとめ

プロン党Edy-楽天ポイントカードは、プロントファンにとっては非常に便利でお得なカードです。

日本一のネット通販である楽天Edyとのコラボカードなので、巷のお店で便利に使えます。

最近は自販機でも楽天Edyが使えますから、使い道は広いです。

もちろんプロントではドリンクが昼も夜も1割引きと太っ腹です。

昼はコーヒー、夜は角Dハイというプロントジャンキーの方の必需品です。

気になるポイントは、プロントで使えば1.5%とお得ですが、20日と30日は3%に倍増です。

もらえるポイントは楽天ポイントなので、使い損ねの心配はありません。

プロン党Edy-楽天ポイントカードは、500円と有料です。

しかし、こんなにお得なカードなので500円程度はすぐに回収できてしまいます。

スクリーンショット 2015-12-31 15.24.31

楽天Edyの利用範囲は無限大

プロン党Edy-楽天ポイントカードは、単なるプロントのプリペイドカードではありません。

プロントと楽天Edyのコラボカードです。

そのため、普段は楽天Edyとしてコンビニや自販機で便利に使い、夜はプロントでお得なメンバーズカードとして使うことができます。

単なるプリペイドカードだと利用範囲が限定されますが、楽天Edyの利用範囲は非常に広いため、使い勝手の良さは抜群です。

楽天で買い物をする機会が全くないという人は少ないでしょう。

楽天ポイントが貯まっていくプロン党Edy-楽天ポイントカードは、便利さだけではなくお得さという面でも一押しのカードです。

ごひいき特典満載

プロントでプロン党Edy-楽天ポイントカードを見せると、楽天ポイントが1%付きます。

更に支払を楽天Edyですると、更に0.5%上乗せです。

しかも、毎月20日と30日はプロン党Edy-楽天ポイントカードを見せると、楽天ポイントが2.5%にボリュームアップです。

しかも、楽天カードから楽天Edyにチャージすれば、楽天カードのポイントまで付きますからポイント付与率は更に上がります。

ポイントの二重取りができてしまうのです。

ゲットした楽天ポイントは、楽天Edyにチャージして再度プロントで使うことができます。

もちろん、数え切れないほどの店舗数を誇る楽天で使うこともできます。

貯まったポイントの使い道が広いので融通が利く点は、他のカフェ系プリペイドカードにはない利点でしょう。

3%のポイントが付くだけでもうれしいのですが、夜のバータイムに各Dハイやハウスワインを注文するとドッカーンと大増量です。

これが嬉しいという人も少なくないはずです。

もちろん、夜だけではなく昼のカフェタイムにもドリンクはすべて10%オフになります。

ポイントアップだけじゃなくて、プロントでのひと時も楽しくしてくれるプロン党Edy-楽天ポイントカードです。

使い道いろいろ

他のカフェ系プリペイドカードは、クレジットカードからのチャージができたりして便利そうですが、ポイントはそのカフェでしか使えません。

しかし、プロン党Edy-楽天ポイントカードは楽天Edyなので、チャージした金額をプロントで使わなければいけないという制約はありません。

楽天Edyは、基本的に電子マネーなのでコンビニでも広く使うことができます。

カードケースに入れておけば、財布を持たずに外出できます。

夜にちょっと一杯という際にはプロントのバータイムがありますから、朝から夜までプロン党Edy-楽天ポイントカードで事足ります。

重度のプロントジャンキーの方でなくても、プロン党Edy-楽天ポイントカードを使う価値は十分あります。

ちなみにプロン党Edy-楽天ポイントカードは楽天Edyなので、チャージした金額は4年使わないと失効します。

しかし、紛失でもしない限り失効することは考えにくいでしょう。

スクリーンショット 2015-12-31 15.28.51

まとめ

楽天Edyとのコラボカードにしたことで、プロン党Edy-楽天ポイントカードは単なるメンバーズカードという以上の価値を持っています。

楽天Edyを持つのであれば、プロント利用が年に数回であっても検討の価値があります。

便利さという面では、他のカフェ系プリペイドカードをはるかに上回っています。

また、バータイムのドッカーン大増量サービスは、プロント利用者には応えられない大サービスでしょう。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP