ポケットカード(8519)の株主優待が届きました!

2月末に権利が確定する株主優待を2件取得しました。

1件目はイオン北海道を獲得しましたので詳しくはこちらもどうぞ!

2件目はポケットカードの株主優待を取得しましたので御紹介します。

ポケットカードはメガバンクのSMBC系クレジットカード会社です。

クレジットカードの中では中堅クラスに位置付けられています。

SMBCの他に伊藤忠、ファミリーマートと提携しています。

最近ではファミリーマートとの提携を使ってファミマTカードに注力しています。

今回はポケットカード(8519)の株主優待を御紹介します!

img_pocket_002

高い利回りが魅力のポケットカード

ポケットカードはその他金融業に分類されています。

日銀によるマイナス金利の導入で大きく株価が下がっていたため2月に取得したのですが、その後株価が回復しています。

現在の株価と利回りは以下のとおりです。

株価:545円(5月31日終値)

配当:10円/1株(100株で1000円

PER:19.39倍

PBR:0.73倍

配当利回り:1.83%

総合利回り:10円+18円=5.14%

権利確定月:2月

2月に取得した頃の株価は440円前後でした。

それ以後に100円ほど株価が上昇していることになります。

年初来高値でも579円ですから、安定した株価であると言えます。

総合利回りでも5%を超えているので投資適格優待と言えます。

IMG_5442-min

使用シーンが多いQUOカードがもらえます!

ポケットカードの株主優待はQUOカードの進呈となっています。

100株以上:800円分

200株以上:1500円分

1000株以上:3000円分

2000株以上:4500円分

QUOカードはコンビニやファミレス、ビジネスホテルでの利用が可能でもあります。

使用シーンが多いため、非常に使い勝手がいい優待と言えます。

5万円前後の株価でありながら800円のQUOカードが貰える銘柄は多くありません。

非常に魅力的な銘柄であると言えます。

IMG_5517-min

ポケットカードの株主優待まとめ!

今回はポケットカード(8519)の株主優待を御紹介しました。

QUOカードは本当に普段の生活で使い易いので、とても重宝します。

総合利回りが5%を超えており、株価も手軽に投資が出来る金額でもあります。

次回優待は2月と先ではありますが、今から投資を行っていくのはいかがでしょうか?

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP