マイナス金利だからこそSBI証券の「投信マイレージ」を利用して賢く運用しよう!

取り扱い投資信託商品が多いSBI証券には、お得さ満載のプログラムがあります。

毎月の平均保有額に応じてポイントが付きます。

クレジットカードのポイントのようにキャッシュバック対象なので、お得さ満点です。

スクリーンショット 2016-03-16 19.35.29

月間保有額でポイントが付く

SBI証券には、投信の保有額に応じた「投信マイレージサービス」があります。

月間平均保有額に応じてSBIポイントが貯まり、現金などに交換できるという制度です。

現金に交換することで、実質的な投信保有コストが軽減されますし、他の証券会社に比べてポイント付与率も高いです。

しかも、購入時の手数料の有無は問わないポイント制度なので、ルールも簡単ですしお得さも高くなっているのが特徴です。

SBIポイントの付与は、月間平均保有額に年率換算で0.1%が基本ですが、1千万を超えると2倍になります。

取引をSBI証券に集中させることで、ポイント付与が有利になる点も投信マイレージサービスの特徴といっていいでしょう。

例えば、500万円の投信を1年間保有すると、1年間で5千ポイントもらうことができます。

1000万円なら、2万ポイントなのでさらに有利です。

価格変動がポイントにも反映

SBI証券の投信マイレージサービスは、買った際に付くのではなく、保有に応じてとこにポイントが付き続けることが特徴です。

また、月間の平均保有残高基礎にして計算されますから、基準価格が上がればSBIポイントもたくさん付きます。

投信とはいえ、インデックスファンドなどは事実上株式取引をしているのと同じです。

価格変動を自分のモチベーションアップにしている人も少なくないのではないでしょうか。

そのような人にSBI証券の投信マイレージサービスは、より一層自分のやる気を引き出すツールになると言えるでしょう。

毎日読んでいる日経も、より一層真剣さが増し、結果として月間平均保有残高の向上に結びつくのではないでしょうか?

ポイントの交換対象は盛りだくさん

SBI証券の投信マイレージで獲得したSBIポイントは、交換対象が多様です。

現金に交換することも可能ですが、T-POINTやnanacoのような電子マネーへの交換も可能です。

現金への交換は交換条件によって等価交換にならないこともありますが、電子マネーへの交換なら等価交換ですし現金のように時間がかかることはなくリアルタイムでの交換ができます。

ポイントに応じた商品への交換も可能です。

買おうかどうしようか迷っているモノが挙がっているといいですね。

スクリーンショット 2016-03-16 19.38.40

SBIグループとの取引に応じてさらに優遇

SBIポイントの交換は、SBIグループとの取引の有無で優遇があります。

例えば、現金に交換する場合であっても、SBIカードを持っている人ならSBIポイントと等価で現金と交換できます。

しかも1万ポイントを超える場合は1.2円の交換率になり非常に有利です。

SBIカードを持っていなくても、SBIネット銀行の口座にキャッシュバックするなら1ポイント0.85円の交換率ですが、他の銀行への送金だと0.8円に減ってしまう上に1回の交換の都度160円の手数料が必要です。

SBIカードには、事実上年会費無料のSBIレギュラーカードもありますから、これれを機に入会するとSBI証券の投信マイレージサービスがさらに有利になります。

スクリーンショット 2016-03-16 19.38.31

まとめ

SBI証券は、単なる証券会社ではなく、複数の機能を持った金融機関グループの一つです。

SBIネット銀行のように銀行口座と証券口座を一本化することができるサービスも持っていますから、証券投資をする人には非常に利便性が高いといえます。

そんなSBI証券をさらに使いよくするのが投信マイレージサービスです。

いくつもの証券会社に自分の資産を分散しておくと、管理も大変ですし効率も悪いです。

これを機に、他の証券会社に分散して保有している投信をすべてSBI証券に移管することをお勧めします。

⇨ SBI証券の口座開設はこちらの公式サイトから

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP