ヤマダ電機が住宅ローン・リフォームローンに参入!注目の金利と手数料は?

注目のニュースが配信されました。

家電量販店大手のヤマダ電機が参加の子会社であるヤマダファイナンスを通じて住宅ローン・リフォームローンに参入することが判明したのです。

住宅ローンやリフォームローンは貸出金利が低下する中で安定した金利水準を維持できる商品です。

全国の地銀や信金が力を入れて営業しています。

そんな中でヤマダ電機が参入する意図は何か?

ヤマダ電機が持つ資産と特徴からその答えが見えてきます。

家電量販最大手のヤマダ電機(群馬県高崎市栄町、桑野光正社長)は金融事業に参入する。完全子会社の金融会社を通じ、グループ内の住宅関連子会社の顧客を主な対象に、住宅ローンやリフォームローンを販売する。住宅に関わる全てのサービスをグループ内で完結させて顧客を囲い込み、将来的に家電、住宅に次ぐ事業の第3の柱として収益拡大を目指す。
金利、手数料設定低く ポイント制度も活用
14日に一部金融商品の販売を始める。ローンの金利や手数料を低く設定し、独自のポイント制度も活用することで、家電を含めて顧客の需要や条件に応じた金融商品を提案する。

金融子会社はヤマダファイナンスサービス(同所、古谷野賢一社長)で、昨年5月に設立した。金融商品を取り扱うための手続きは3月に完了し、事業化の準備を進めていた。

取り扱う金融商品は住宅金融支援機構と提携した長期固定金利住宅ローン「ヤマダフラット35」や、つなぎ融資のための「ヤマダフラットつなぎ」、低金利での借り入れを促す「ヤマダリフォームローン」など。

ヤマダフラット35は、住宅事業を手掛ける子会社のヤマダ・エスバイエルホームとヤマダ・ウッドハウスの顧客を対象に販売する。手数料を、ポイント還元分を含めて国内で最も低い水準に設定することを打ち出し、ヤマダグループで住宅造りをする利点を強調する。将来的に他社で住宅購入した顧客にも販売できるようにし、フラット35市場で占有率1位を目指す。

ヤマダリフォームローンはキャンペーン期間中に指定のリフォーム商品を購入すれば「金利ゼロ」とする。全国のヤマダ電機店舗のリフォームコーナーで取り扱う。リフォームの際に家電を買い替える顧客が多いため、借り入れの一部を家電購入に活用できるようにする。

ヤマダ電機は2011年に住宅事業に参入。「スマートハウス・リフォーム事業」として、現在売上高の1割を占めている。12日に傘下のベスト電器(福岡市)の完全子会社化を公表するなど主力の家電販売に力を入れながら、相乗効果が見込める住宅、金融といった分野の事業拡大を目指す。

ヤマダファイナンスサービスは「有利な条件で金融商品を提供することで、お客さまには喜んでいただき、家電、住宅事業を支えたい」としている。

安定した顧客との接点

ヤマダ電機は早くから店頭でのリフォーム営業を強化してきました。

戸建の新規建設やリフォームの展示場を量販店内に構えていたのです。

多くの資金が必要になるリフォームは銀行からの借り入れを行う人が少なくありません。

以前までであれば他の金融機関に取られていた収益機会を確実に刈り取ろうという意思が見えます。

住宅ローンやリフォームローンは地銀や信金も必死な営業を見せる分野です。

しかし。

これらの金融機関との競争に勝てる大きな要因があります。

それが顧客との接点です。

ヤマダ電機の場合、店頭に訪れて相談に来た顧客に対して営業を行うことができます。

リフォームや住宅ローンに対して温度感が高い顧客だけに効率的に営業することが可能になるのです。

この点から見てもヤマダ電機がこの業界で一定の地位を確立する可能性が高いと言えます。


金利や手数料は?

多くの人が気になるポイントが貸出金利や手数料です。

残念ながら現段階で詳細な数字は発表されていません。

ただ、ポイント還元など銀行にはないサービスで金利分を還元することができます。

これは実質低金利になるため魅力的な数字になることは間違いありません。

貸出に必要な原資も低金利で調達することができるため、かなりお徳な水準で利用できるようになりそうです。

詳細な発表を期待したいしましょう。


まとめ

ヤマダ電機が住宅ローン・リフォームローンに参入することを発表しました。

住宅ローンやリフォームローンは条件によって大きな差が出る商品です。

現在、すでに契約中であっても借り換えによって家計が大きく助かるケースもあります。

新規借り入れ以外の人にもこの際、チェックすることをオススメいたします。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP