ユニバーサルエンターテイメント(6425)の2016年隠れ優待をご紹介します!

株式投資の醍醐味の1つが株主優待です。

株式を保有することで配当に加えて、自社製品や商品券、割引券をもらうことができる制度です。

株主優待には2つのタイプがあります。

1つ目は毎年の優待内容が確定していて大きな業績の下降がなければ継続されるタイプです。

2つ目が隠れ優待と呼ばれるタイプです。

隠れ優待とは、IR情報には株主優待の存在が明かされていないタイプのことを言います。

隠れ優待の代表格と言える銘柄がユニバーサルエンターテイメントです。

フィリピンのマニラで建設中のカジノリゾートでも有名になってきているユニバーサルエンターテイメントですが隠れ優待の内容が充実していることでも有名です。

今回はユニバーサルエンターテイメントの2016年隠れ株主優待をご紹介します。

img_6066-min

みきまるさんも絶賛の優待力

株主優待投資で有名な投資家と聞けば誰を思い浮かべますか?

テレビが好きなあなたは桐谷さんをイメージするかもしれません。

ブログ閲覧が趣味であればみきまるさんの優待バリュー株日誌が有名です。

そのみきまるさんもユニバーサルエンターテイメントが持つ優待力を絶賛しています。

みきまるの優待バリュー株日誌:ユニバーサルエンターテイメント

最近は家電を中心に隠れ優待を行っていました。

今年は何がもらえるのかと楽しみになり優待の権利を取得しました。

 

有田焼の綺麗な食器

2016年の株主優待は有田焼の食器でした。

到着した時点で食器と記載されていたので少しガッカリしてしまったのは内緒ですw

img_6065-min

しかし。

中身を見てみると、そのクオリティの高さに驚きました。

img_6067-min

img_6066-min

img_6068-min

この有田焼は岡田美術館収蔵の陶器の名品をオリジナルの皿に仕立てたそうです。

青色が鮮やかな豆皿と小皿のセットです。

自分で使うあてがないので親にプレゼントしたら喜んでくれました!

家電製品と違って、家を彩る食器も良いものですね。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP