吉野家(9861)の株主優待が到着しました!

牛丼チェーン大手の吉野家HDの株主優待が到着しました。

魅力的な株主優待として、人気のある銘柄ですね。

ですが、業績面や指標面をみると、なかなか厳しいのも事実です。

今回は、吉野家(9861)についてご紹介していきます!

img_0

吉野家の経済指標

吉野家HDの株価は11月11日終値の段階で1,506円

配当と株主優待を合わせた利回りは 20+30(3000円の割引券)=50円 利回り=3.32%

となっております。

PBRは1.64倍

PERは95.38倍!!

PERがとんでもない数字になっていますね・・・。笑

ただ、株主優待の魅力は強力ですし、株主優待を含めた利回りを考えると悪くない数字ではあります。

セグメント別に売上高

株主優待と共に封入されていた、第59期第2四半期報告書によれば、2015年8月の第2期まで終えた決算では前年同期比30億円の売上高増を達成しています。

しかし、営業利益、経常利益共に減益となっています。

2016年2月の予想では純利益が10億円との予想になっています。

セグメント別での売上高を見てみると、吉野家とはなまるうどんの売上高を合計すると586億円。

全体の6割程度になります。

一方で、この吉野家とはなまるうどんの利益を合計すると23億円になり全体の8割程度を占めています。

他の事業の収益性向上と簡単に言えますが、規模の経済性を効かせにくい状態ですし、なかなか厳しい状態ですね。

劇的な利益向上は望めないのが、現実ではないでしょうか。

image

 

株主優待のご紹介

image

株主優待で貰えるのは、300円1枚の割引券が10枚セットになっている冊子です。

合計すると3000円の価値があります。

普段、ランチなどで利用するサラリーマンにとってはありがたいですよね。

使わないよ!というあなたにおすすめなのがこちら!

image

この割引券の冊子を返却すれば、吉野家のレトルト商品と引き換えてくれます。

今回、初めて知ったので交換してみようと思います!

どんな商品が届くのかワクワクして待ちたいと思います。

 

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP