岡三オンライン証券のIPOなら購入手数料が『0円』かつ100%抽選配分!

IPO投資において、大切なのは抽選にどれだけ参加出来るかです。

インターネットトレードで、抽選参加が可能な証券会社を増やして抽選に参加出来る数を増やさなければなりません。

今回は年間IPO取扱数はそこまで多くないですが、取扱があれば絶対参加しておきたい『岡三オンライン証券』をまとめます!

IPO投資はリスクが低く、初心者でも参加出来る投資方法なのでチェックしておいてください!

スクリーンショット 2015-11-06 15.53.28

岡三オンライン証券の3つの魅力

岡三オンライン証券はIPO投資において嬉しい3つの魅力があります!

では、まずそれぞれ見ていきましょう。

1.IPO申込時の事前入金不要!

他の証券会社などはIPOを申込する際に、事前に約定に必要な金額を入金する必要があります。

例えば、10万円の公募価格のIPOに対して5つの証券会社で抽選に参加する場合、事前入金が必要であれば50万円必要になります。

この事前入金をしなくても抽選に参加する事ができます!

2.申込・購入手数料が0円!

なんと、岡三オンライン証券はIPOの購入手数料が0円になります!

事前入金が不要に加えて、購入時の手数料が0円となっています。

売却時には手数料が必要になりますので、ご注意ください。

3.100%抽選配分!

岡三オンライン証券はIPOの抽選は『100%抽選配分』です。

証券会社によっては、配分されたうちの10%だけを抽選に回すなどのルールがありますが岡三オンライン証券は100%抽選に配分されます。

100%抽選配分なので、S級のレアIPO株でも当選チャンスがあります!

スクリーンショット 2015-11-06 15.58.09

2015年の取扱実績は?

では、年間どれくらいの取扱数があるのでしょうか?

今年の取扱を見てみましょう。2015年10月現在です。

上場日銘柄コード上場市場銘柄名公募・売出価格
3月17日3910ジャスダックエムケイシステム3,500円
3月19日3224マザーズヒューマンウェブ1,800円
3月24日3445マザーズRS Technologies2,750円
4月30日3915マザーズテラスカイ1,700円
6月18日3916ジャスダックデジタル・インフォメーション・テクノロジー1,300円

この他にも、郵政関連3社の上場を取扱ました。

銘柄数は多くないですが、テラスカイはS級のIPOで現在でも15000円程度の株価になっています。

このような銘柄に平等抽選で参加できる証券会社は貴重になります。

 

岡三オンライン証券のIPO抽選方法と購入方法まとめ

1.抽選申込

ブックビルディング期間中に申込を行います。

岡三オンライン証券のサイト内で申込が必要になります。

事前入金は不要ですが、需要申告は必ず必要になりますのでご注意ください。

2.岡三オンライン証券の抽選方法と配分

上記でもご紹介しましたが、岡三オンライン証券では事前入金が不要になっています。

重要申告を行うだけで抽選に参加する事が出来ます。

抽選方法ですが、まずシステムで自動的に1人1つの番号が付与されます。

その後、ステージごとに3回抽選が行われます。

第1抽選:ステージSが対象

第2抽選:ステージS及びAが対象

第3抽選:全ステージが対象

当然ですが、ステージSになると当選の確率が上昇します。

各ステージの対象者は下記の通りです。

ステージS判定期間(3ヶ月)中の手数料合計が100万円以上

手数料優遇コースの「プレミアゼロ」または「プラチナ」が適用

ステージA判定期間(3ヶ月)中の手数料合計が10万円以上100万円未満
ステージB判定期間(3ヶ月)中の手数料合計が10万円未満

岡三オンライン証券を利用するならぜひステージBより上を目指したいですね!

3.購入申込

抽選が終了後に当選をしていた場合は購入申込が必要になります。

どうせ外れているだろうと思って確認を怠ると痛い目に合う可能性がありますので必ず確認しましょう。

事前入金が不要ということで、確認を忘れがちになりますがルーティンワークとして確認しておきましょう。

 

岡三オンライン証券の開設は必須です!

いかがでしたでしょうか。

岡三オンライン証券の口座数はまだまだ少ないと言われています。

つまり、競合が他社に比べれば少ないことになります。

それだけ当選する可能性が高まるという事です。

また、事前入金が不要ということでノーリスクで抽選に参加する事が出来ます。

必ず口座を開設して、抽選参加をするようにしましょう!

業界最低水準の手数料は岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP