播州信用金庫の定期預金は金利だけでない魅力がある!メリットまとめ

ネット支店の定期預金は金利勝負になりつつあります。

しかし、それでは顧客から飽きられてしまうでしょう。

どんなに金利を上げても、昨今の低金利では限界があるためです。

姫路を地盤とする播州信用金庫では金利だけではなく、他にも魅力がある定期預金を揃えています。

スクリーンショット 2016-08-08 21.24.18

地域密着の信用金庫だからこそ成立する定期預金

播州信用金庫は、地元で「ばんしん」と呼ばれています。

信用金庫の常で、地域密着型の営業をしており、世代をまたいだ取引をしていることも多いです。

そうすると相続があった場合、ばんしん経由で子世代に引き継ぐことになりますが、ばんしんでは引継ぎのタイミングで恐ろしく高金利の定期預金を提供しています。

ばんしんのネット口座である「夢みらい支店」に口座開設することが条件ですが、1年物で0.45%という昨今の低金利では考えられない高金利を提供しているのです。

100万円以上という制約はありますが、相続である程度まとまった資金を引き継いだ子世代にもばんしんを引き続いて利用してもらうための定期預金と言っていいでしょう。

スクリーンショット 2016-08-08 21.24.53

懸賞金は払戻金に上乗せ

懸賞金の付いた定期預金も増えてきましたが、当選者による申出制だったりすることもあり、ちょっと面倒なことも少なくありません。

ばんしんのネット支店で取り扱っている「ベストワン」という定期預金は、最高10万円の懸賞金ですが、2等以下でも懸賞金があり、最低でも千円の懸賞金が当たる仕組みになっています。

懸賞金は自動解約の設定である「ベストワン」の払戻金に上乗せされます。

また、金利はスーパー定期に0.1%上乗せされ、スーパー定期金利は0.01%を加えて、0.11%の定期預金ということになります。

しかも、懸賞金の存在は実質金利を更に上乗せします。

10本に1本は千円が当たるようになっており、一口が10万円なので100万円預け入れれば千円の懸賞金が当たることになります。

単純計算で0.1%の利率に相当しますから、合計で0.21%の高金利定期預金になるのです。

懸賞金は満期の際に上乗せされて払い戻しされますから、ちょっとお得感があるでしょう。

もちろんもっと高い懸賞金が当たれば、上乗せ額は増加します。

他の定期預金も当然有利

このような定期預金を見ていると、それだけですごいと思ってしまうのですが、相続がある人に限定されたり、募集期間や金額が限定されていたりします。

しかし、夢みらい支店の定期預金はそれだけではありません。

夢みらい支店で定期預金を開設すると、0.1%の上乗せ金利が適用されるのです。

懸賞金はありませんが、通常の定期預金に比べれば10倍の金利です。

このほかにも、夢みらい支店では、期間限定で金利上乗せがある定期預金を発売しています。

既に募集は終わっていますが、28年5月までの限定で0.25%の金利がもらえる定期預金が発売されていました。

定期預金を預けたい人にとっては「夢」と「みらい」がある支店だと言えるのではないでしょうか。

生活口座として使えます

この「夢みらい」支店は、高金利の定期預金や低金利のローンが評判ですが、ネットバンキングとしての機能も充実している使い勝手のいい預金です。

信金の店舗は平日の9時から3時までしか開いていませんが、ネットバンクなら24時間体制です。

また、最近は信金間でネットワークが作られており、ばんしんのキャッシュカードで他の信用金庫を利用しても、平日や土曜の昼間なら手数料無料で利用できるのです。

ネットが苦手な方も電話による銀行サービスがありますから、同時に利用可能です。

夢みらい支店は、スマホからの取引も可能なので外出先からも取引可能です。

まとめ

金利競争だけではなく、使い勝手のいいネットバンキングと組み合わせることで、ばんしん夢みらい支店の魅力は十分高くなっています。

姫路地区以外の方であっても、メインバンクとして利用できる機能を備えています。

魅力的な定期預金はないかなと探している人は、ちょっと検討してみる価値がありますよ。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP