東燃ゼネラル石油が提供するmyでんきのメリットと申し込み方法まとめ

電気料金は利用量に比例して単価が上がるものと思い込んでいる人も多いでしょう。

しかし、最近の電力自由化は、その常識を覆してくれます。

必ず電気代が安くなるとは言い切れませんが、料金プランが複数あるため安くなる可能性が高いのです。

全国でガソリンスタンドを経営している東燃ゼネラル石油では、そんな電力プランを複数準備した「myでんき」という電力サービスを準備しています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-10-47-40

安心して利用できます

東燃ゼネラル石油の「myでんき」は、供給エリアである東電、関電、中電といった各電力会社の送電網を利用しています。

そのため、送電に不安はありません。

今まで利用していた通り、安心して電気を利用し続けることができます。

ただ、今までと違う点は、電力会社から請求書が来るのではなく、東燃ゼネラル石油から請求書が来る点です。

そして、電気代自体が従来よりも安くなることです。

安心はそのまま、料金だけ安くなる可能性を秘めた東燃ゼネラル石油の「myでんき」は要チェックです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-10-47-49

申込も手続も簡単

電気の契約というと、面倒な手続や大掛かりな工事があるのではないかと思われるかもしれません。

しかし、東燃ゼネラル石油の「myでんき」は違います。

現在利用している電力会社の請求書を見て、シミュレーションをするだけでいいのです。

自分の家庭にマッチしたプランが自動的に表示され、そのまま申込可能です

そして、申込後に今までの電力会社が電力メーターを交換に来ます。

電力メーターは自宅の外壁に取り付けられている、電力消費量が表示されているメーターです。

このメーターを交換したら手続はすべて終了です。

信じられないほどあっけなく完了します。

プランは最大6種類

シミュレーションをすると、電力プランが提示されますが、このプランは最大6種類あります。

家庭によっては電力消費量が少ない場合もあれば、多い場合もあります。

消費量に応じて一番有利なプランで再計算すると、必然的に安くなる可能性が高いのです。

今まで硬直的な1つだけの電力プランだったので、意識をしていない家庭も多かったのでしょうが、その気になれば安くできるわけです。

ちなみに東電から変更する場合は6種類のプランがありますが、関電と中電は2種類です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-10-47-26

 

シミュレーションをしてみよう

とはいえ、シミュレーションをするだけなら無料です。

シミュレーションはいわば「見積もり」なので、その結果を見て選択をすればいいのです。

ただ、シミュレーションでは1年間で一番多い月の使用量と少ない月の使用量のデータが必要です。

簡便的な試算方法もありますが、プラン選択の基礎資料なのでそろえることをお勧めします。

電気代の明細書など捨ててしまっているという人であっても、電力会社に問い合わせれば教えてくれます。

慌てて簡便計算をするより、しっかりと確認した方が、より自分の家庭にマッチした電力プランを選択することができるはずです。

まとめ

東燃ゼネラル石油の「myでんき」を申し込むと、ゼネラル石油で割引があるというわけではありません。

しかし、シミュレーションをするだけで自宅の電気代を見直すことができるのであればやってみる価値はあるでしょう。

手続や工事が面倒だったり、工事代などが必要だったりすれは別ですが、東燃ゼネラル石油の「myでんき」に申し込んでも電力メーターが変わるだけです。

普段自宅にいる奥様などは電力メーターの交換があるため、変わったと意識するでしょうが、自宅にいないことが多い旦那さんなどは、東燃ゼネラル石油の「myでんき」に変わったことも気が付かないでしょう。

それでも、電気代が1年間で1割でも改善できれば、家計の負担も楽になるはずです。

myでんきの公式サイトはこちら ⇨ https://mydenki.jp

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP