楽天証券で楽天スーパーポイントを使って投資信託を買ってみた!

楽天証券が画期的なサービスをスタートさせました。

なんと!

楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入できるようになったのです!

これまで、楽天のポイントって買い物以外に使う機会がないなと思っていました。

しかし。

楽天スーパーポイントを使って気軽に投資できるようになったことで投資の世界が更に身近になりました。

ということで。

早速、楽天証券で余って放置していた楽天スーパーポイントを使って投資信託を買ってみました。

楽天証券で楽天ポイントを使ってみよう

楽天証券で投資信託を購入する際に楽天スーパーポイントが利用できるようになりました。

具体的に見て行きます。

まず、楽天証券へログインし投資信託の買い付けを行います。

楽天証券は業界の中でも特に多くの投資信託を扱っています。

ここで1つポイントがあります。

投資信託は買い付け手数料が無料の商品を選択しましょう。

今回、私は「ひふみプラス」を選択しました。

ランキングでも1位にランクしており、かつ買付手数料が無料の商品になっています。

投資信託は「100円」から購入が可能です!

買付手数料が無料なのでポイントが貯まった段階でこまめに購入することもおすすめです。

では、実際の買付画面をご紹介します。

こちらが買付画面になります。

買付可能額は「0円」になっています!

しかし。

買付金額に余っているポイントと同額を入力し、ポイント利用欄が「すべて使う」を選択します。

すると次の画面へと移ります。

こちらのように確認画面が表示されます。

取引パスワードを入力すると、買い付けが完了します。

楽天証券に現金を入金せずにポイントだけで購入が完了しました。

これは本当に画期的なサービスと言えます。


投資信託を購入できる楽天スーパーポイントの種類

楽天証券で投資信託を購入できる楽天スーパーポイントの種類についてまとめます。

楽天スーパーポイントを利用する際に1つだけ注意が必要なことがあります。

期間限定ポイントでは投資信託を購入することができないことです。

楽天証券で投資信託を購入できるポイントの種類は3種類に限られています。

  1. 通常ポイント(クレジットカードの利用や買物利用で貯まったポイント)
  2. 楽天証券ポイント
  3. 楽天証券経由の楽天スーパーポイント

要約すると、普段の楽天クレジットカードで貯まったポイントや楽天市場を利用したことで貯まったポイントに限られるということです。

還元率が高い楽天クレジットカードを利用する人は急増しています。

気がついたら多くのポイントが貯まっているという人も多いはずです。

そんな時に楽天証券の証券口座を持っていれば、気軽にスーパーポイントを使って投資を始めることができるようになりました。


まとめ

今回は楽天証券の投資信託を楽天スーパーポイントで購入できるようになったことをご紹介しました。

楽天証券と楽天クレジットカードを合わせると効率的に積み立て投資を行うことができます。

楽天証券の口座をお持ちでなければ開設をおすすめします。

楽天スーパーカードの新規発行案内ページはこちら

楽天証券の新規口座開設ご案内ページはこちら

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP