自動的に割引が発動するP-oneWizは最強のクレジットカードじゃないか!?

もともとP-Oneカードは何もしなくても1%の値引をしてくれるありがたいカードだと言われています。

しかし、P-one Wizそれだけではなく、0.3%相当のポイントももらえます。

もっとも、ポイントは失効してしまうこともありますが、P-one Wizはもともと1%の値引だけでも十分高還元率カードとしての仲間入りを果たしています。

0.3%のことですから、覚えていたらポイント交換をしようという程度でもいいのではないでしょうか。

スクリーンショット 2016-06-22 12.41.36

黙っていても1%値引

P-one Wizの最大の魅力は「黙っていても1%引いてくる」という点ではないでしょうか。

ポイント交換の手続もいりませんし、1年1回などというように忘れたころの特典でもありません。

すべて毎月処理されますし、値引計算も1円単位なので無駄がありません。

値引形式なので、感激の度合いは少ないかもしれません。

しかし、日常の支払いをすべてP-one Wizにまとめることで驚異的な値引額を実現することができます。

毎月携帯電話などの利用代金も入れれば、クレジットカードで5万円程度は最低支払いをしているのではないでしょうか。

1年間で計算すれば60万円であり、この1%は6千円です。無視できない金額だと言えるのではないでしょうか。

また、P-one Wizは基本的にリボ払い専用カードですが、すべての支払を一括払いにすることも可能です。

リボ払い専用カードなので値引きとポイントを両方提供しているのでしょうが、おいしいところだけもらうことができるのです。

値引き額に上限なし

P-one Wizの魅力はそれだけではありません。

値引額に上限がない点もメリットの一つです。

値引系のカードは上限額を設定されていることが多いのですが、P-one Wizはそのような制限が一切ありません。

ショッピング枠の範囲内で思う存分値引きを受けることができます。

日常の支払だけでは感激するほどの金額にはならないかもしれません。

しかし、大型家電製品などの購入時には大きな力になるのではないでしょうか。

除外項目に注意

そんなP-one Wizにも注意点があります。

ポケットカードで企画している旅行代理店で申し込みをすると、自動的に最大8%の値引をしてくれますが、この場合はさすがに同時に1%の値引までしてくれません。

また、電子マネーチャージ・金券・保険料・ETCカードの支払については1%の値引対象になりません。

P-one Wizは、ポケットカードが提供しているクレジットカードですが、ETCカードは発行手数料が必要です。

今時珍しい話ですが、ETC利用は値引対象外になっているため、ETCカードだけは別のカードにした方がいいでしょう。

大きな買い物の際に入会しよう

ただでさえ1%の値引が魅力的なP-one Wizですが、入会当初は更に有利です。

入会後6か月間はボーナスポイントがあるため、ポイント還元率が0.9%になります。

ちなみにTポイントに交換すると還元率が0.5%に上がりますから、還元率は1.5%です。

もちろんこの際にも1%の自動値引がされますから、合計すると最高2.5%の値引と還元がされます。

いくら入会直後とはいえ、こんな太っ腹のクレジットカードがどこにあるでしょうか。

大きな買い物を予定している際にP-one Wizに入会すると、ちょっと信じられないような値引きやポイント交換ができます。

10万円単位の買い物をする際には無視できないメリットだと言えるのではないでしょうか。

まとめ

何もしなくても1%の値引が受けられるというP-one Wizはキャッシュバックのような還元される実感はないものの、支払額は確実に少なくなるためお得になることは間違いありません。

毎月の利用明細を見れば、いくらお得になったかを実感することができるため、利用明細をきちんとチェックすることをお勧めします。

大型家電製品などを買うと金額は10万円単位になることも多いですが、10万円当たり千円の値引なので値引き額を見てびっくりするかもしれません。

ポイント還元もあることから、現在発行されているクレジットカードの中では最強と言っていいカードでしょう。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP