長期保有の投資スタイルにはカブドットコム証券の「毎月ポイント」がおすすめな理由

投資スタイルは人それぞれでしょうが、長期的視点で投信を持ち続ける長期投資をスタイルとしている人は、簡単に売買をしません。

一般的な証券会社は売買に応じたポイントを付けますが、どうしても短期売買になりがちです。

投資の基本は「バイ&ホールド」という人も少なくないでしょう。

そんな方に満足していただけるのがカブドットコム証券の毎月ポイントです。

スクリーンショット 2016-03-20 13.14.46

長期投資に最適化

株式投資に限らず、投資信託は積み立て形式で残高を増加するのが、一番資産形成をスムーズに進めます。

そのような投資スタイルをバックアップするのが、カブドットコム証券の毎月ポイントです。

100万円の残高に対して1ポイント付くポイントプログラムですが、毎月ポイントが付き続けますから、知らないうちにポイントが増えています。

ポイントの有効期限は3年間なので簡単に失効することもありません。

カブドットコム証券では積み立て形式の投信も多く揃えているため、将来の経済情勢を考えて、コツコツと積み立てる投資スタイルにぴったりではないでしょうか。

豊かな資産がポイントを呼ぶ

毎月ポイントは、100万円に対して1ポイントというルールですが、残高が3千万を超えるとポイントが2倍になります。

積み立てを続けるに従ってポイントも多く貯まるルールなのです。

投信の購入は、一時期にドッと購入するのではなく、ドルコスト平均法と呼ばれる積み立て形式のほうが結局低コストに購入できます。

今が底値だと意気込んで購入しても更に下がることが多いため、相場に従って購入コストが決まるドルコスト平均法のほうが有利なのです。

このような手堅い投資スタイルを貫いていると、知らないうちに資産が増えています。

相対的に取得価格が低く抑えられるため、含み益も多くなる傾向にあります。

それに伴い残高も増加し、毎月ポイントも貯まりやすくなるのです。

1ポイント100円が基本

毎月ポイントは1ポイント100円換算で、1万円から交換できます。

つまり、100ポイントからの交換ということになります。

ポイントとの起源は3年なので、毎月3ポイントずつ貯めれば失効することはありません。

ただし、最初から300万円分カブドットコム証券に預けなければいけないわけではなく、3年間の平均が300万円になれば、3年間で100ポイント貯まります。

単純計算ですが、毎月8万円ずつ投資をすると、初年度は100万円まで残高は貯まりませんが、2年目から100万円を超えて毎月1ポイントずつ貯まり、3年目は2ポイントずつ貯まります。

そこから先はさらにポイントが貯まり続けます。

ポイントはもらった月から3年間有効なので、このような投資スタイルで続ければポイントが失効することはありません。

残高が100万円になってからポイントゲットがスタートするのです。

証券会社は一本化しよう

投信を購入している人の多くは、いくつかの金融機関に投信を分散していることが多いようです。

しかし、そのような投資スタイルはあまりお勧めできません。

特定口座を持っている人であれば、まとめるというメリットはお判りでしょうが、銀行の人に勧められたからと投信を購入した人は分散していることが多いようです。

投信を分散すると自分の資産がどれだけあるかわかりません。

また、積み立て形式で投資しようとしても金融機関が分散すると投資効率が悪くなります。

長期投資に適した毎月ポイントというポイントプログラムがあるカブドットコム証券なら、自分の持っている投信をすべてまとめることによるメリットが大きいです。

スクリーンショット 2016-03-20 13.16.07

まとめ

投資の基本は長期投資です。

投信で短期売買を繰り返すと手数料が高いので損失を出してしまうことが多いのです。

その観点からすると、カブドットコム証券の毎月ポイントは非常に理に適ったポイントプログラムということができます。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP