電力自由化がスタートします!制度とメリットを簡単にまとめました!

最近、TVCMなどでも盛んに紹介されている「電力自由化」ですが、皆さんは準備をしていますか?

結局何の準備が必要で、どのようなメリットがあるのかという点を理解していない人も多いと思います。

かくいう私も、まだ理解していません。(笑)

今回は、その電力自由化について勉強しながらまとめましたのでご一読下さい!

589e77d4ea0367ef7486169d62e873c7_s

そもそも電力自由化って何なの?を解説します!

電力自由化の歴史を理解しよう!

電力の自由化とは、これまで各エリアを独占してきた電力会社から電力販売を自由化する事を意味します。

最近になって、様々なところでこの電力自由化という言葉を目にするようになりましたが、実は16年の歴史があります。

これまで2段階の電力自由化が実施されてきたのです。

第1段階は2000年に実施されました。

この電力自由化では高層のオフィスビルや工場などの「特別高圧」と呼ばれる領域において実施されました。

第2段階は2004年・2005年に実施されました。

この段階では中層のビルやスーパーなどの事業者向けに送電されている「高圧」と呼ばれる領域で自由化が実施されました。

そして、2016年の4月から実施されるのが第3段階となります。

今回の電力自由化では一般家庭に販売されている電力が自由化される事になったのです。

4月からの仕組みを理解しよう!

2016年4月から電気の送配電の仕組みが変わります。

自由化になると言っても、全ての電力販売会社はこれまで同様に地域にある電力会社が保有する送配電ネットワークを利用して電気を供給します。

この送配電ネットワークにはこれまで、独占販売していた電力会社の電気のみが流れていましたが、これからは複数の会社の電気が流れるようになるイメージです。

そのため、電気を購入する会社を変更したからといって、電気の質に差が出る事はありません。

万が一、あなたが契約する電力販売会社の発電所に何らかの問題が発生して電力供給がストップしても、他の電力が流れていますので販売会社は他の事業者から電力を購入して電気を供給することができます。

そのため、停電リスクはほとんどゼロに近いことになります。

スマートメーターの設置を理解しよう!

現在、電力会社によって各家庭に「スマートメーター」の設置が進められているのを御存知ですか?

スマートメーターを設置することで電力使用量の見える化が出来るようになります。

30分ごとの電力使用量が見えるようになるので、節電に意欲的に取り組むことができます。

また、スマートメーターがあれば自動的に使用量のデータが販売会社へ送信されます。

これまでのように人為的な検針ではないので、ミスが少なくなる事が期待されます。

スマートメーターの設置は原則無料で実施されていますのでご安心下さい!

c87f0ad4a99b02dbf15e1a243f2d4158_s

電力自由化のメリットを3つにまとめました!

メリット1:電気代が安くなる!

電力自由化が実施される事のメリットの代表格が「電気代が安くなる」事です!

これまでは、地域の電力会社が独占販売実施してきました。

そのため、高額な電気料金を設定されても拒む事が出来なかったのです。

自由化される事によって、上記の前提条件が崩れます。多くの事業者が参入する事によって消費者が料金を選択する事が出来るようになります。

料金プランの多様な物が用意される事が期待されています。

日中は家にいない人向けに、深夜の電気料金が安くなるプランなどピークを平準化するようなプランが用意される事が予想されます。

メリット2:あなたのこだわりが反映出来る!

電力自由化が実施される事であなたのポリシーに沿った電力消費が実現します!

東日本大震災に起因する福島県にある原子力発電所事故の発生によって発電方法に国民の意識が向くようになりました。

クリーンな発電方法を推進している企業の電力を購入したいと考えている人は一定数存在する事が予想されます。

「原子力発電所を稼働させているところからは購入しない!」といった消費者が電力の購入先を選択できるようになるのです。

こういった偏った意識は無くても、電力の発電方法について意識が向く事が期待されています。

あなたの地域で地域のために地域の特性に合った発電方法で電力を供給する会社を応援するといった事も可能になります。

メリット3:他のサービスとの組み合わせで更にお得に!

電力自由化によって得られるメリットの3つ目は他のサービスとの相乗効果です!

特に携帯会社との提携が注目を集める事になりそうです。

大手携帯3社が、電力販売に参入する事を表明しています。

携帯料金の割引をきっかけに電力購入の変更を促していくようです。

その他の提携として予想されるのが、ポイントサービスとの提携です。

PontaやTポイントなどのサービス事業者がポイント還元をきっかけに顧客獲得を目指す可能性があります。

 

メリットを活かしてお得な生活を送ろう!

今回は電力自由化について勉強しました。

いかがでしたでしょうか?

メリットを並べてみると、かなり魅力的なサービスに見えますね。

サービス開始当初は混乱も予想されますので、少し落ち着いた頃に電力の購入先を変えてみると良いかもしれません。

様々に出てくる情報を精査しながら、あなたに合った電力サービスを選択するようにしましょう!

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP