飲み会や合コンの幹事必見!Facebookで集金が出来る楽天銀行が便利すぎる件

Facebook利用者はちょっと見渡してみるだけで非常に多くいるでしょう。

楽天銀行ではそのFacebookを利用して振込送金ができる仕組みを導入しました。

合コンとかの幹事さんは参加者から会費を集める必要がありますが、これが結構面倒ですよね。

お金を数えたり管理するのは大変で、合コンを楽しむどころではないでしょう。

しかし、楽天銀行のFacebook送金なら相手の振込先がわからなくてもFacebookと楽天銀行アカウントが連携されていれば送金できます。

幹事さんの悩みが一つ減りますね。

スクリーンショット 2016-06-27 12.26.10

これなら送金は簡単

実際の前準備は簡単で、楽天銀行のアカウントをFacebookと連携させるだけです。

楽天銀行のアプリはスマホにもインストールできますから、Facebookとの連携はすぐにできるでしょう。

実際に送金をしたいときにFacebookの友達を選んで金額とメッセージを入力すれば送金手続は終わります。

あっけなく終わってしまうのでびっくりするほどです。

合コンなどの会費を事前に幹事さんの銀行口座に振り込めばいい話ですが、そんなことをする人はいないでしょう。

いくら最近のネットバンクが使いやすくなったとはいえ、相手の振込先銀行や支店名などを入力したりする手間はかかるのです。

それに最近は口座番号などを教えることで詐欺被害などに巻き込まれることもあります。

そのような事態を避けるために口座番号を教えたくない人もいるでしょう。

楽天銀行のFacebook送金なら、相手の口座番号を知る必要はありません。

Facebook上で送金手続が終わってしまうのです。

手数料が必要な場合もあります

ただし、送金先が楽天銀行以外だったり、幹事さんなどの受取側が楽天銀行のアカウントをFacebookと連携させていなかったりすると、165円の手数料がかかります。

手数料が必要なら使わないという人もいるかもしれません。

楽天銀行でも同様ですが、ネットバンクでは取引実績に応じて月に何度か他行振込手数料が無料になっていることが多いです。

手数料が必要になる可能性がある点はデメリットと言えるでしょう。

楽天銀行の口座は作っておいて損はない

わざわざ楽天銀行の口座を作るのも面倒だなと言われるかもしれませんが、楽天銀行の口座開設は結構簡単です。

印鑑等が不要なので、運転免許証などの本人確認書類をスマホからアップロードすれば最短2日間で口座開設は終わります。

楽天証券と提携しているだけではなく、宝くじ購入やカードローンのサービスもありますから、口座自体を作っておいてデメリットはないと言っていいでしょう。

仲間の絆が深まります

楽天銀行のFacebook送金は、合コンなどの会費徴収に都合がいいと評判ですが、他にも利用シーンは数多く考えられます。

サークルの仲間ではFacebookで情報の共通化を図ることも多いでしょう。

そんなFacbookを利用した送金網を作っておくことで、サークル内で臨時出費が発生した際の分担金支払が容易になり、立て替えた人の負担が少なくなります。

今まで集金が難しいからと躊躇していた会合なども、前金での徴収が簡単になるため、立替費用が必要な会合のセッティングなどが簡単になることが多いようです。

今までより一層緊密なサークル運営などができるのではないでしょうか。

まとめ

Facebookは広く普及しているため、合コンに限らず仲間内のクラブで会費などを徴収する際にも便利に使えそうです。

幹事さんも集金状況の確認がすぐできますし、遠方のメンバーからの送金もかんたんでしょう。

ただし、このサービスを利用する際には、送金手数料が165円必要です。

しかし、楽天銀行のFacebook送金は受取側の人が楽天銀行に口座を持っていれば、送金者に手数料はかかりません。

そのため、このサービスで集金の手間を省きたいと考えているならば、幹事さんは楽天銀行に口座を作ることをお勧めします。

→ 楽天銀行公式サイトはこちら

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP