2014年からIPO取扱開始の安藤証券!IPO抽選方法まとめ!

IPO投資において、大切なのは抽選にどれだけ参加出来るかです。

インターネットトレードで、抽選参加が可能な証券会社を増やして抽選に参加出来る数を増やさなければなりません。

今回は年間IPO取扱数はそこまで多くないですが、取扱があれば絶対参加しておきたい『安藤証券』をまとめます!

IPO投資はリスクが低く、初心者でも参加出来る投資方法なのでチェックしておいてください!

スクリーンショット 2015-11-11 16.03.03

安藤証券のIPOが持つ3つの魅力

安藤証券がインターネット証券でIPOを取扱はじめたのは2014年からです。

まだまだ新興系となっているため、口座数が少ないのが特徴です。つまりライバルが少ないということになります。

安藤証券の歴史は古く、愛知県名古屋市に本店を置く地場系の証券会社です。

創業から100年以上経過しています。

安藤証券のインターネット取引サイトは『美らネット24』と命名されています。

1.完全平等抽選!

安藤証券が取扱するIPOの抽選は1口座1抽選権の完全平等抽選になります。

ブックビルディングは美らネットから申し込みすることになります。

IPOの当選回数は年間5回までとなっていますが、まぁ気にする必要ないでしょう。

2.口座数が少ない!

先ほども紹介しましたが、安藤証券がインターネット取引でIPOを取扱始めたのは2014年7月からです。

絶対的な口座数が少ないため、チャンスが多くなります。

IPO投資に強い人でも面倒なので、解説をしていないというケースも考えられます。

3.委託幹事が多い!

委託幹事という制度があります。

公表されている幹事団には入っていないものの、幹事団の証券会社からIPO株を少数ですが委託されるケースがあります。

委託されたIPOに関しては、100%インターネット取引に回ってきます。更に、この委託幹事ですが当選確率がかなり高くなります。

ブックビルディング最終日前日の夜から、最終時午前までの約半日だけ受付を行うなど、かなり厳しい日程で募集を行います。

資金を入れている人しか参加できないため、かなり穴場的なのです。

スクリーンショット 2015-11-11 16.18.13

2015年の取扱実績

では、今年の取扱実績を見てみましょう。郵政関連株は除いてあります。

委託幹事はここには含まれません。事前予告なしで行われるからです。

上場日銘柄コード上場市場銘柄名公募・売出価格
2月12日6036マザーズKeePer技研2,120円
4月17日3133マザーズ海帆1,020円

正式な幹事団としての取扱は2件です。

ですが、これ以外に委託幹事があるのです。

年間3〜5件程度、委託幹事を期待できます。

 

安藤証券のIPO抽選方法と購入方法まとめ

1.需要申告

安藤証券の美らネットで需要申告をする場合には、注意点があります。

仮条件の上限額を入金し、『出金余力』欄に金額が表示されている必要があります。

買付余力とは違いますので、ご注意下さい。

2.抽選

安藤証券では、配分があった枚数の10%がインターネット取引に回ってきます。

その枚数を完全平等抽選で配分することになります。

ステージ優遇などはありません。

3.購入申し込み

購入申込をする期間が他の証券会社よりも短かくなっているので注意してください。

公開価格決定日の翌日までとかなり短いです。忘れないように注意してくださいね。

当選確率なら実は業界屈指かも?

取扱数が爆発的に多いわけではありませんので、魅力的に感じないかもしれません。

しかし!

口座数が少なく、委託幹事などの急なIPOもあるので当選の確率という観点でみれば、業界屈指の証券会社かもしれません。

大手ではないため、口座開設に時間がかかるという噂もありますので、早めに口座開設しておきましょう!

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP