ANAのハワイ限定積立はANA×ハワイで最強の積立商品

ANAハワイ積立とは?

ANAセールスが発売する「ハワイ限定積立」をご紹介します。

エアバスA380をANAが東京-ホノルル線に導入することを記念して登場したのが、ハワイツアーに限定したとてもお得なANAハワイ積立プランです。

この商品は、通常の積立プランの利率3.0%を、A380にちなんで3.8%のサービス額率にしているプランで、満期に預入額+3.8%のサービス額分のハワイ限定ANA旅行券が受け取れます。

受け取った旅行券は、ANAセールスが実施するハワイを目的地とした海外旅行や、インターネットだけで購入できる運賃以外のANA国際航空券で利用可能です。

またANA DUTY FREE SHOPで利用することもできて、ハワイ旅行の資金準備などをしっかりとサポートしてくれる商品と言えます。

それから、有効期限が満期の年度から5年間あるので、ハワイ旅行をリピートする方にはANA旅行積立ハワイ限定プランの申込みはおすすめです。

ANAハワイ積立プランにはインターネットで申込み限定のプレゼントや積立満期日のプレゼントなど様々な特典があるのも魅力と言えます。

インターネット申込み限定ですが、ハワイで人気の保冷保温ウォーターボトルのHydroFlaskが数量限定でプレゼントしてくれるのです。

それから契約者本人が積立期間中にハワイツアー限定の企画旅行に1回参加すると、ハワイ限定ANA旅行券が5,000円分貰えます。

また2回以上参加した方に関しては、10,000円のハワイ限定ANA旅行券がプレゼントされるといったお得な特典が用意されています。

ANAセールスのハワイツアーに限定した海外募集型企画旅行に関係するお得な情報を、登録の住所かeメールアドレスに届けてくれるのです。

ANAハワイ積立のメリット

ANAハワイ積立プランの最大のメリットは、何と言っても通常の積立プランの利率3.0%より高い3.8%の利率で、受け取れるANA旅行券がアップすることです。

しかし利率以外にもたくさんのメリットがあって、継続してプランを利用するリピート申込みをすることにより、お得な特典を得ることができます。

この特典を得るための条件は、満期日から6ヶ月以内に新規のANAハワイ積立プランに、再度申込みをすることです。

そうすると、1,000円分の特典旅行券が満期旅行券額10万円ごとに満期日にプレゼントされるので、30万円満期旅行券額なら3,000円の特典旅行券が貰えます。

また、この限定プランはANAカードでも支払いが可能なので、クレジットカードのポイントが貯まりますし、そのポイントをマイルに移行することもできるのです。

それから毎月払いコースの支払いをスルガ銀行ANA支店の口座から引落しすることで、毎月5マイルが貯まるので年間60マイルを貯められます。

ちなみにANAカードで支払い中の方については、スルガ銀行ANA支店の口座にカード利用代金の支払いを変更すると、同じくマイルを貯められるのです。

ANAハワイ積立の種類

ANAハワイ積立プランには、毎月定額をコツコツ積立てる毎月払いと一括払いして満期まで預け入れておく一時払いといった2つのコースがあります。

また、満期時の旅行券額は30万円から1万円単位で設定することも可能なので、旅行プランに合わせて選択できるのです。

それから、一時払いの預入期間には

  • 12ヶ月
  • 18ヶ月
  • 24ヶ月

の3つがあって、毎月払いの支払い回数も

  • 12回
  • 18回
  • 24回

の3つがあります。

ただ、一時払いコース・毎月払いコース共に、最低でも満期までは1年間眠らせておく必要があることを知っておくことが必要です。

ANAハワイ積立の利用すべき人

ANAハワイ積立はサービス額率が3.8%と超お得なプランなので、ハワイにお得に行きたいと考えている方には利用してほしい積立プランです。

特に家族でハワイへの記念旅行を計画している人や、ハワイが大好きで何度も行きたいと考えている方には利用をおすすめします。

またこのプランの支払いはANAカードでもできるので、クレジットカードのポイントを貯めたい方やマイルへの移行を考えている方も利用すると良いです。

それから、サービス額率が3.8%になったきっかけの2階建て飛行機「エアバスA380」に搭乗してハワイ旅行をしたいと考えている方にもおすすめのプランと言えます。

ANAハワイ積立を利用すればお得に憧れのエアバスA380で、大好きなハワイに旅行することを確実に実現できるのです。

まとめ

ハワイ限定なので30万円分の預入額+3.8%のサービス額の旅行券を貰ってもと、利用をちょっと躊躇してしまう方もいるでしょう。

しかし、家族旅行を計画している場合やハワイが大好きなリピーターにとっては、とてもお得でメリットの多いプランと考えられるのです。

またマイナス金利時代にクレジットカードのポイントが貯められることは、ちょっとした資産運用にもつながるので、この機会に是非利用を検討してください。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP