ANAのANA旅行積立プランは利回りが2%以上!メリットとデメリットまとめ

ANAの子会社、ANAセールス株式会社が提供するANA旅行積立プランをご紹介します。

ANA旅行積立プランは最大で年率3%の利回りが約束されています。

この利回りはサービス率と呼ばれ、積み立てた金額に上乗せされて変換されます。

旅行好きで、毎年のようにどこかへ行く人にとっては計画的な利用で大きくおトクになります。

知っていますか?

銀行の預金利回りはほぼ0%です。

趣味を楽しむためにおトクなサービスを賢く使ってお得に旅行を楽しみましょう。

今回はANA旅行積立プランのメリットとデメリットをわかりやすく解説したいと思います。

旅行積立サービスとは?

旅行積立サービスとは大手旅行代理店や航空会社が提供しているサービスです。

毎月または一括して積み立てたお金を満期時にサービス率が上乗せされた金額で受け取ることができます。

銀行で提供されている毎月積立定期預金のようなイメージです。

しかし。

旅行積立サービスはサービス率と呼ばれる利回りが桁違いにおトクです!

銀行の普通預金が提供する利回りがほぼ0%となりました。

定期預金でも年率で0.25%が一般的です。

旅行積立サービスは1.75%〜3%の利回りを期待できます。

なんと定期預金の7倍〜10倍を期待出来るのです。

一方で注意点もあります。

旅行積立サービスは満期を迎えた積立金を現金で受け取ることができません。

満期時には旅行券として受け取ることになります。

計画的に利用する必要がありますね。

まとまった休暇の日程がある程度決まっていて、毎年旅行に行く人にとってはかなりおトクなサービスと言えます。


ANA旅行積立プランのメリットとデメリット

ANAセールスが提供するANA旅行積立プランのメリットとデメリットをご紹介します。

大手航空会社ANAの子会社であるANAセールス株式会社が運営している旅行積立サービスが「ANA旅行積立プラン」です。

まずはANA旅行積立プランの仕組みをご紹介します。

ANA旅行積立プランの積立方法とメリット

ANA旅行積立プランは最大で3%のサービス率を提供しています。

積立プランは3種類から選択することができ、満期時に受け取りたい金額から逆算して申し込みます。

3つの積立プランとは

  1. 一時払いコース
  2. 一時払い6ヶ月コース
  3. 毎月払いコース

の3種類です。

それぞれの詳細は公式サイトをご覧いただくことにしますが一人一人の希望積立額によってオーダーメイドでプランを組み立てることができます。

一時払い6ヶ月コースはANAマイレージクラブ会員限定プランですので注意が必要です。

ANA旅行積立プランの満期後の利用用途

ANA旅行積立プランは積立が満期を迎えるとANA旅行券として積み立て金を受け取ることになります。

旅行券と聞いて使いづらいと考えていませんか?

ANA旅行券は旅行に関わる様々なシーンで使うことができます。

ANA旅行券が使えるサービスは下記の通りです。

  • ANAハローツアー
  • ANAワンダーアース
  • 旅作(海外・国内)
  • ANAスカイホリデー
  • WEB限定ツアー
  • あなたび
  • ANA国際・国内航空券
  • ホテル
  • レンタカー
  • ゴルフ
  • お買い物

普段からANAを通じて旅行を申し込んでいる人にとっては違和感なく利用できるサービスばかりです。

ANA旅行券はこれらのサービスで使うことができます。

問題なく旅行を楽しめそうですね。

ANA旅行積立プランのデメリット

ANA旅行積立プランを利用する上でのデメリットをいくつかまとめます。

わたしが考えるデメリットは下記の通りです。

  • ANA旅行積立プランの満期金が旅行券である。
  • 旅行券を受け取ってから旅行を申し込む必要がある。

ANA旅行積立プランは満期を迎えた後の満期金を現金で受け取ることができません。

しかし。

これは旅行積み立てサービスに共通する点です。

ANA旅行積立プランだけのデメリットではありません。

2つ目のデメリットはANA旅行券を受け取ってから旅行予約をしなければならないことです。

毎年の長期休暇時期が決まっている場合、計画的に満期を設定する必要があります。

注意して計画を綿密に立てた上で利用すれば全く問題ありませんね。


まとめ

今回はANAセールスが提供するANA旅行積立プランについてご紹介しました。

最大サービス率3%を誇るANA旅行積立プランは旅行好きにとって見逃せないサービスです。

ANAマイレージクラブの会員であれば相乗効果も計り知れませんね。

毎年の旅行計画が事前に立てやすい人にとっては利用しない手はないサービスと言えます。

旅行代金を節約して楽しみたいのであれば一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。

>>ANAセールス株式会社〜ANA旅行積立プラン公式サイトはこちら

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP