JCBトラベル旅行積立でお得に旅行へ行く方法

JCBトラベル積立とは?

JCBカード会員を対象として株式会社JCBトラベルが提供している利便性の高いサービスのひとつがJCBトラベル積立です。

このサービスは、旅行資金に利用する目的で積み立てる旅行代金に、最大で3%(2回目以降は2%)のサービス額が満期時にプラスされます。

そして、JCBトラベルが取り扱っている30社以上の旅行会社が、提供しているパッケージ旅行の支払いに利用することができるのです。

家族旅行や記念日・節目などの旅行の計画を考えているのなら、とてもお得なサービスなので利用することをおすすめします。

また、JCBカードを利用してJCBトラベル積立の支払いをすることになるので、各クレジットカードのポイントなども貰えるのでさらにお得です。

このように、株式会社JCBトラベルが提供するJCBトラベル積立は、お客様にとって利便性の高くお得なサービスと考えられます。

JCBトラベル積立のメリット

最大で3%のサービス額が満期時にプラスされることは、何と言ってもJCBトラベル積立を利用する最大のメリットと言えます。

しかし。

JCBトラベル積立にはそれ以外のメリットもたくさんあって、煩わしいお申し込み手続きが不要で、とても楽なシステムになっているのもメリットです。

申込書記入や事前の申込金・振込も不要なので簡単に準備が完了しますし、旅行後にまとめて支払うので急な出費を気にする必要もありません。

また、先にも触れましたがJCBカードならではのお得な特典があるのもメリットで、溜まったポイントは1ポイントが5円として次回の旅行代金に充当できるのです。例えば、10,000ポイントを使用すると50,000円分が旅行代金として充てられることになるので、このポイント充当プランは大きなメリットと言えます。

それから有料になりますが、J-BasketやJCBプレミアムカード会員特典の手荷物無料宅配券サービスなど、特典満載の登録制サービスがあるのもメリットです。

さらに登録無料のメルマガサービスのTRAVIAを利用すると、旬の旅行情報やキャンペーン情報などを知ることができます。

JCBトラベルだけのお得な特典やサービスを利用できることも、JCBトラベル積立を利用する大きなメリットです。

JCBトラベル積立の種類

JCBトラベル積立には、コツコツ積み立てる毎月払いコースと、ボーナスなどを利用して支払う一括払いコースの2種類があります。

また毎月払いコースには、毎月の積立額が

  • 10,000円
  • 50,000円
  • 100,000円

の3パターンがあって、積立期間は12ヶ月か24ヶ月の2つから選択できるのです。

一括払いコースは積立額が

  • 1,000,000円
  • 2,000,000円

の2種類あって積立期間は12ヶ月となっているので、全てで8プランが用意されています。

全てのプランの有効期限は満期から5年間となっていて、JCBトラベルが取り扱う国内・海外パッケージ旅行やホテル宿泊などに利用できるのです。

JCBトラベル積立の利用すべき人

JTBや近畿日本ツーリストなど30社以上の旅行会社と提携しているので、JCBトラベルには豊富な選択肢が揃っていてピッタリの旅が選べます。

その為、希望する旅行プランを楽に選びたいと考えている方には、簡単に納得する旅行プランを探せるJCBトラベル積立の利用はおすすめです。

旅行したいと考えているけどついつい先延ばしになってしまう方や、いざ旅行しようと計画しても旅行費用が貯められないという方も少なくありません。

JCBトラベル積立を利用すれば早くから旅行を目標に設定できますし、旅行費用も着実に貯めることが可能なので、なかなか計画通りに進まないという方にも利用がおすすめです。

JCBトラベル積立は、契約者から旅行申し込みをすると契約者と旅行参加者が違っていても大丈夫なので、旅行をプレゼントしようと考えている方にもおすすめします。例えば、おじいちゃんやおばあちゃんへのお祝いプレゼントとして、またご両親への親孝行プレゼントとして利用することもできるのです。

ただJCBトラベル積立は、あくまでJCBカード会員を対象としているサービスなので、その点を忘れないようにしましょう。

まとめ

低金利時代と言われている現在では、都市銀行の1年定期預金をしたとしても利率が低いので大きなメリットを得ることは難しいです。

しかし。

最大3%のサービス額が満期時にプラスされるJCBトラベル積立なら、他の金融商品と比較して利率が高く大きなメリットが得られます。

この点だけ考えてもJCBトラベル積立を利用する価値は高いですし、さらに様々なお得な特典やサービスも付帯しているので利用はおすすめです。

パンフレット請求や相談・申し込みをJCBトラベルデスクで受け付けているので、一度電話やWebで問い合わせをしてみると良いでしょう。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP