JTBクルーズ積立はクルーズへ行きたい人必見の積立商品

JTBクルーズ積立とは?

旅行資金として利用することを目的としてお金を積立てることにより、サービス額がプラスされるとてもお得な商品が旅行積立です。

国内大手旅行会社のJTBでも「たびたびバンク」という旅行積立を取り扱っていて、定額を毎月積立てするプランや、ボーナスのタイミングなど、好みの時期に積立てるといったプランがあります。

また、特別満期を設定することなくフリーに積立てるプランなどもあって、いろいろな積立方法の商品が用意されているのです。

このたびたびバンクの商品として募集期間限定で登場したのが「JTBクルーズ積立」で、憧れのクルーズを身近にする機会につながる商品と言えます。

この商品の最大の特徴と言えるのが、今までの旅行積立におけるサービス額算定に用いられる利率を上乗せして、「年利率:3%」のサービス利率がつくことです。

これは、満期後に利用することができる範囲について、JTBが取り扱うクルーズ客船1泊以上の利用と特定の商品に限定しているから実現できています。

また、JTBクルーズ積立の申込み手続きに関しては、インターネットで実施するという条件を特別に設定した商品だからなのです。

ただ特定の商品といっても日本発着船だけではなくて海外パッケージツアーも対象になりますし、1泊以上の客船クルーズの利用が含まれた企画なら利用することができます。

それから、1泊以上の客船クルーズの利用を行程に入れた個人旅行の支払いについても充当可能で、自由度の高い旅行にも使えるのが魅力です。

ちなみに、金利という言葉ではなくてサービス額と言っているのは、運用会社が金融機関ではなくて仕組み的には百貨店の友の会と類似しているからと言えます。

JTBクルーズ積立のメリット

ある程度使途が限定されている商品と言えますが、何と言ってもJTBクルーズ積立の最大のメリットは、年3.0%の利率で旅行代金を増やせる仕組みになっていることです。

マイナス金利下で通常の旅行積立プランのサービス額が1.75%というだけでも魅力を感じるのに、さらに1.25%上乗せして3%のサービス額がつくことはとても大きな魅力と言えます。

また使途が限定されている商品と言っても、先にも触れましたがJTBグループの豊富なクルーズからプランを選べることも大きなメリットです。

それからJTBクルーズ積立にはうれしい特典があることもメリットのひとつで、先着限定数となっていますがクルーズの楽しい情報が満載の冊子が貰えます。

また、積立満期後にJTBクルーズのパンフレットに掲載されている旅行プランに申し込みすると、オンボードクレジットが5,000円相当進呈されるのです。

このオンボードクレジットは、船内の有料レストラン・オプショナルツアー・ショッピングなどで利用できる金券で、とてもお得な特典になります。

JTBクルーズ積立の種類

JTB旅行積立たびたびバンクの募集期間限定で登場したJTBクルーズ積立には

  • 30万円
  • 50万円
  • 100万円

の3種類のコースが設定されているのです。

また、支払方法についても預入期間が

  • 12ヶ月
  • 18ヶ月
  • 24ヶ月

の一括払いと、積立回数が

  • 12回
  • 18回
  • 24回

の毎月払いから選択することができます。

ちなみに、30万円コースは「初めてのクルーズ」におすすめで、50万円コースは「ちょっとリッチなプラン」におすすめですし、100万円コースは「家族でのクルーズ」におすすめです。

利用期限については満期後5年間となっているので、記念日旅行など先々のプランに合わせてコースや支払い方法を選択して資金準備することができます。

JTBクルーズ積立の利用すべき人

低価格を最も重視して格安プランを検討している方には、使途が限定されているため使い勝手があまりよくないので、JTBクルーズ積立の利用はおすすめできません。

逆に、近い将来クルーズ旅行を検討している方や、初めてのクルーズなので安心できるプランから選びたいと考えている人は、JTBクルーズ積立を利用すべきです。

また、最大の魅力となる3.0%の利率を生かしたいと考えている方にもおすすめで、その為にもいつ・どこへ・誰と・どの程度の予算でクルーズ旅行するのかを整理してニーズにピッタリのコースを選びましょう。

まとめ

1年間に日本人で1泊以上のクルーズ旅行をした方は、総人口比率のわずか0.2%程度で、何と99%以上の方についてはクルーズ旅行の経験がないというデータもあります。

こうした現状を少しでも改善して、クルーズ旅行を楽しむきっかけになればと考えられて登場したのがJTBクルーズ積立です。

JTBクルーズ積立なら無理することなく計画的に資金を貯めることができますし、何と言っても確実にクルーズ旅行が実現できます。

またお得なサービス額があるので、それを利用して食事のグレードアップや豪華なお土産、オプショナルツアーなど、夢を膨らませる楽しみもあるのです。

JTBクルーズ積立を利用する賢い資金計画で、お得なクルーズ旅行を満喫してみることをおすすめします。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP