JTBハワイ積立でハワイへお得に行く方法

JTBハワイ積立とは?

JTBが期間限定で販売している「JTBハワイ積立」をご紹介します。

ハワイは海外旅行人気ランキングなどで上位に入っていますし、JTBの旅行積立たびたびバンクを使って海外旅行した方の約25%が旅行先として選択しているのです。

また、旅行積立が30周年となったことを記念してJTBが実施したエッセイの募集において、圧倒的に多く見られたキーワードがハワイだったというデータがあります。

しかも、旅行積立を始めるきっかけになったのが、ハワイ旅行が目的といったお客様からの声も多く寄せられたという実績があるのです。

こうした様々な実績データやお客様の声を考慮して、JTBの旅行積立たびたびバンクの新商品として登場したのがJTBハワイ積立で

  • 募集期間限定
  • 数量限定

でとなっている商品です。

このJTBハワイ積立は、積立満期後の利用対象となる旅行方面が米国ハワイ州に限定されています。

更に、インターネットによる積立プラン申込みが条件となっています。

ただこうした条件を設定することで、通常の定期積立プランのサービス額1.75%に、1.25%を上乗せして3%というお得なサービス額を実現したのです。

JTBハワイ積立は、お得に楽しく旅行費用を積み立てることによって、ハワイ旅行をより身近に感じることができる商品と言えます。

JTBハワイ積立のメリット

一般的な定期積立プランのサービス額1.75%に、1.25%をさらにプラスして3%というお得なサービス額の商品という点が最大のメリットです。

このお得なサービス額も大きな魅力と言えますが、積み立てを実施することでハワイ旅行が確実に近づいてくるといった充実感が魅力という声も多くあります。

ハワイ旅行へ行くという明確な目標を立て無理なく積立できることにより、日々の生活の張りになるということもJTBハワイ積立の魅力です。

またJTBハワイ積立を使ってルックJTBのハワイ旅行をお申し込みすると、「TギャラリアbyDFSハワイ」のワイキキ店で使える50ドル相当のクーポン券が特典として進呈されます。

このクーポン券は現地での引き換えとなっていて、JTBハワイ積立の申込み1件に対して1枚の引換券が満期時に送られてくるのです。

3%というお得なサービス額にプラスして50ドル相当のクーポン券がゲットできるのは、JTBハワイ積立のメリットのひとつと言えます。

JTBハワイ積立の種類

  • 30万円コース
  • 50万円コース
  • 100万円コース

といった3つのコースが、JTBハワイ積立の種類として用意されていて、積立方法は

  • 一時払い
  • 毎月払い

の2種類から選択できます。

一時払いでは預入期間が

  • 6ヶ月
  • 12ヶ月
  • 18ヶ月
  • 24ヶ月

といくつか用意されていますし、毎月払いの積立回数も

  • 6回
  • 12回
  • 18回
  • 24回

の設定ができるのです。

一時払い・毎月払い共に口座引落しとなっていて、満期になると1円単位で旅行費用の精算が可能な専用カードが送られてきます。

コース別で設定が異なりますが、例えば一時払いで100万円を預けた時には、6ヶ月後に15,000円が、24ヶ月後なら60,000円がサービス額としてプラスされるのです。

また、100万円分を毎月払いにより積み立てした場合には、毎月41,666円が口座から引き落としになって、24ヶ月後にはサービス額がプラスされて1,031,233円分の利用ができます。

ただし先にも触れましたが利用対象商品が、米国ハワイ州を目的地とする旅行限定で、募集型企画旅行・インターネット予約除く国際航空券・宿泊を伴う手配旅行のいずれかに限られるのです。

また、利用期限が満期後5年間となっているので、5年間利用がなかった時には割引購入券代金利用の権利がなくなるので注意が必要になります。

JTBハワイ積立の利用すべき人

いつかハワイ旅行に行きたいと考えていても、ついつい先延ばしになっている方も少なくないので、そのような人がJTBハワイ積立の利用すべき人と言えます。

JTBハワイ積立を申し込むことによりハワイ旅行が明確な目的になりますし、現実になっていくワクワク感が得られて先延ばしになってしまうことが防止できるのです。

また、ハワイに

  • 家族で記念旅行をしたい
  • ハネムーンやウェディングでハワイ

を考えているなど、計画が決まっている方もJTBハワイ積立の利用をおすすめしたい人です。

もしハワイ旅行を前提にお金を貯めているのなら、3%というサービス額が得られるJTBハワイ積立の方がお得にハワイ旅行ができますし、特典もあるのでさらにお得感がアップします。

まとめ

低金利時代と言われている現在において3%の利率というのは嬉しいことですし、無理のない積み立てによりお得なハワイ旅行ができるのもJTBハワイ積立の魅力です。

またハワイ旅行に行きたいといった希望を具現化するための一歩になるので、行動を起こしてみることをおすすめします。

そうすれば誰もがハッピーになれるハワイなので、積立開始時点からワクワクした感情が生まれるでしょうし、満足感や充実感が得られるでしょう。

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP