Yahoo!JAPANカードは利用範囲が広くて還元率も高いお勧めカードなんです!

Yahoo! JAPANカードはTポイントが効率的に貯まるカードとして評判が高いカードです。

取扱品目やアイテムが増加しているYahoo!ショッピングやLOHACOでは還元率が3%と更に有利です。

また、Yahoo! JAPANカードユーザーは、ヤフオク出品の際に本人確認が不要になるというメリットがあります。

機動的に出品したい際には大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

スクリーンショット 2016-07-03 19.21.10

基本還元率1%と高単価

Yahoo! JAPANカードは、利用の都度1%の還元率がある高還元率カードです。

キャッシュバックではありませんが、利用範囲が広いTポイントによる還元なので、使い道に困るということはありません。

高還元率カードと称していても、還元されるポイントの使い道がなくて無駄になってしまう例は少なくありません。

Tポイントによる還元であればそのような心配はいらないでしょう。

基本還元率が1%なので、どこで使っても還元される利点があります。

しかも、Yahoo! JAPANカードのTポイント番号をYahoo! JAPAN IDに登録すれば、貯まったTポイントをすぐに提携先の店舗で利用できます。

ポイント交換の必要がなくなるため、効率よくポイントゲットができます。

日常生活はこれ一枚で安心!

日常生活に必要なクレジットカードの条件として、利用範囲が広くなることが挙げられます。

Yahoo! JAPANカードは、ETCカードを付けることもできますし、家族カードの付帯もできます。

車を持っていない人はETCカードはいりませんが、家族カードがあれば家族中で高還元率であるYahoo! JAPANカードを利用することができます。

Yahoo! JAPANカードのような高還元率カードは、利用をできるだけ集中させた方がいいため、家族カードを作ることでお得さが拡大します。

スーパーなどのポイントカードがクレジットカードと一体化していることが多いため、ついついそちらを使ってしまうことも多いのですが、クレジットカードとしての還元率は低いことが多いです。

ハウスカードはポイントカード部分とクレジットカード部分と切り離して利用することをお勧めします。

Yahoo! JAPANのサービスでは還元率3%

ポイント還元率1%でもいいのですが、Yahoo! JAPANのサービスを利用した際の還元率は3%に拡大します。

他社の場合は利用店舗にかかわらず還元率が一定という場合もありますが、還元率が高いため更に高還元率となるメリットをゲットできます。

また、ヤフオクに出品する際の身分証明書代わりになりますから、出品がしやすくなります。

家庭内の不用品をまとめてオークションに出品することも増えているようですが、利用者の多いヤフオクは落札率も高く確実に現金化できます。

そんなヤフオクへの出品が簡単になることは一つのメリットと言えるのではないでしょうか。

この補償なら有料でも納得できる

Yahoo! JAPANカードには有料サービスながら「プラチナ補償」という保険サービスがあります。

ただの保険サービスではなく、日常的なトラブルに至るまで保証サービスの対象になっています。

中には携帯電話の損失補償も含まれていますから、携帯電話の利用代金を減らす効果も期待できます。

通販利用が多い人であれば、返品補償や宅配事故補償は頼もしいサービスだと言えるのではないでしょうか。

18種類の補償メニューがあり、すべてを利用できるとは限りませんが、月額税抜490円でサービスを受けることができますから結構お得で安心できるのではないでしょうか。

まとめ

カードデザインには賛否両論ありそうですが、ETCカードや家族カードを付けることができるため、これ一枚で一家のクレジットカード利用をすべて賄うことができます。

還元率が高いだけではなく、若い人に利用が多いTSUTAYAで利用可能なTポイントで還元されるという点は大きなメリットです。

コンビニのファミリーマートでもTポイントは使えるので、TSUTAYAを利用しない人でも無駄はありません。

単に還元率が高いだけのカードではありませんから、広い範囲の方にお勧めできます。

入会時に最大8200ポイントもらえるキャンペーンも実施しているため、大きなチャンスだと言えるでしょう。

⇨ Yahoo! JAPANカード公式サイトはこちら

iDeCo(イデコ)で注意したいたった1つのポイント


いま大注目の金融商品がiDeCo(イデコ)です。


これは個人型確定拠出年金の略称で、個人で年金を積み立てるイメージの商品です。


イデコの最大の特徴は積立金を税額控除できることです。


毎月の給料から積立をすれば来年の住民税が安くなります。


しかし。


イデコの契約で注意することがあります。


それが毎月の口座管理手数料です。


20〜30年と長期間運用するからこそ毎月の手数料が無料かどうかが重要になります。


メガバンクや地銀、証券会社のイデコは毎月の手数料が必要になります。


イデコを契約するなら口座管理手数料が無料のネット証券をおすすめします!


口座管理手数料が無料の証券会社は以下の2つです。


早速、資料請求して口座の開設を行いましょう!


1:SBI証券の資料請求はこちら


2:楽天証券の資料請求はこちら


3:大和証券の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしのり資産運用コンサルタント

投稿者の過去記事

25歳 兵庫県神戸市出身

金融機関勤務を経て独立。
大学生時代より投資信託や株式投資に親しむ。
最近では不動産投資もスタート、若者世代向けの資産運用コンサルタントを目指してがんばります!

PAGE TOP